タグ:音楽 ( 64 ) タグの人気記事  
▲Top
  ドリカム吉田美和ちゃんのこと  


ミュージックステーションのドリカム吉田美和ちゃん見て、泣けました・・・。

ずーっとギリギリのところで歌っていたような気がする、今日のステージ。
たぶん美和ちゃんのことだから、上から風船が落ちてきていたらたまらずうわんうわん泣いていたと思う。
すごくすごく堪えながら歌っているのがわかるから、彼女の表情から目が離せず、そして声ひとつひとつ聞き逃すことはできなかった。

う~~ん、なんだか本当に泣けました。
[PR]
by fonda127 | 2007-12-22 01:38 | 音楽 ▲Top
  どんだけ~の法則  


うんもお、なんかこの曲クセになる・・・

http://www.youtube.com/watch?v=s-KL2JxTETc

このPVのIKKOさん、「ひきしまった青年のカラダ」をしていて、お顔とのアンバランスさが不思議。

いかほど~~~

■追記■
ブログをはじめて1年半ほど経ちますが、記事数が「500」となりました!

どんだけ~~~
[PR]
by fonda127 | 2007-12-15 01:49 | 音楽 ▲Top
  「望郷じょんから」が聴きたいのに・・・  


b0093261_21162375.jpgあの大物歌手が“不祥事”理由に紅白を断念



え、えらいこっちゃ・・・

細川たかしさんが紅白を辞退だそうです・・・。

“望郷じょんから 細川たかし”を聴くことにより、
「ああ、1年が終わったんだな・・・」と厳かに締めくくることができるのに・・・・ああ、残念。
(他の曲のときもありますが)

32回連続出場なのになあ・・・来年は戻ってきてほしいです。

[PR]
by fonda127 | 2007-12-04 21:40 | 音楽 ▲Top
  カセットテープと「目を閉じておいでよ」  

ノーマル

ハイポジ

メタル


・・・カセットテープが妙に懐かしい秋雨の夜(いまいち「ハイポジ」と「メタル」の違いがわからなかった青春時代)
ワタシはよくTDKのCDingを使ってました(もしくはmaxell)
maxellのカセットテープはケースがちょっぴり丸みを帯びてて好きでした・・・

そんな中(どんな中)、発見した超カッコイイ1曲

「目を閉じておいでよ」 バービーボーイズ

http://www.youtube.com/watch?v=BWRPewd_VJE ←ようつべさんで動画ありました。

アルバム「√5」は死ぬほど聴きました。
今でもカラオケで「もうだいじょうぶヒステリー」とか歌ってます。
このバンドの特徴である「男女掛け合い型のツインヴォーカル」は本当にカッコイイ。
ギターにいまみちともたかさんがいらっしゃるのですが、当時

いまなかともみちさんだと思ってました・・・

今でも「アレ?どっちだったっけ?」とふと考えます。まあどっちでもいいやと2秒後に忘れてしまいますが。

資生堂のCMタイアップ曲でKONTAの
「髪の先までロックだぜ」のコピーがバービーボーイズのイメージとぴたりとハマり、彼らの知名度をぐんとメジャーに押し上げたんだろうな・・・
[PR]
by fonda127 | 2007-11-09 23:35 | 音楽 ▲Top
  梅沢富美男と前川清の舞台を見にいく  


b0093261_17471392.jpg

見てきましたよ、御園座で!
うちの両親とオットマン、4人で。
御園座・初体験の乙女です。
しかも席は一番前!それだけで失神しそうになりました。

ナマ「梅沢富美男」「前川清」にたっぷり酔いしれること4時間・・・。
梅沢富美男の女形・・・キレイでした・・・・・・。
藤あや子が束になってかかっても敵わない(たぶん)艶やかさ、流し目の美しさ・・・


「惚れさせたら勝ち・・・」


そんな心意気がびしびし伝わってきて、ベイビー恋のノックアウトですわ。
不思議ですねえ。あのおっさんがこうなるんですよ・・・。世界7不思議のひとつだと思います。

梅沢富美男と前川清のコント(?)がおもしろい!!互いをなじりあいけなしあい、まさに笑いのビッグウェーブですわあ。
この日はマエキヨさん(前川清のことを昔からこう呼んでいるワタシ)のお誕生日で、急遽「クールファイブ」様ご一行を長崎より呼び寄せたマエキヨさんに梅沢さんが、

「ホテル代やら食事代やらいくらかかると思ってんですか!しかも家族で来てるんですぜ~」

とぼやいてました。
そんなマエキヨさんと目が合い、手を振ったら手を振り返してくれた・・・!!(多分大いなる勘違い)
一緒に行ったおかんはマエキヨさんのCDを買ったので握手会にいそいそと並んでました。よ・・・よかったね、おかん・・・う・・・うらやましかったぜい・・・・

マエキヨさんのナマ「東京砂漠」を聴くことができて、もう感無量・・・。
今年の紅白も見るからねーーーーー!!!!
[PR]
by fonda127 | 2007-08-20 18:12 | たまのおでかけ ▲Top
  「ザ・ロック」のサントラが大音響で鳴り響く我が家・・・  


b0093261_11181788.jpg



アタイ、買っちゃったわよ~~!!


「ザ・ロック」のサントラです。

泣き節全開だ~~~!!

特にオープニングの曲は最高にカッコイイ。今でもたまにドキュメンタリー番組とかで使われていたりして、きっと一度は耳にしたことのある最高にクールな1曲。
この曲がマイケル・ベイ監督お得意のスローモーション・シーンと重なり、すんばらしい映画のオープニングとなっている。

こんなスゴイ音楽のサポートがあって、
良かったなあ、マイケル・ベイさんよお (←何様??)

今聴いているのですが、テンション上がります。むやみに戦闘モード全開になります。
[PR]
by fonda127 | 2007-07-30 11:41 | 映画 ▲Top
  羽賀研二のほにゃらら~  





あまり意味はありませんが、羽賀誠意大将軍が歌う「ほにゃらら」を貼り付けさせていただきます。

合掌合唱!!
[PR]
by fonda127 | 2007-07-06 01:48 | その人物の名は… ▲Top
  あのヒト、今、どうしているんだろう・・・?  


ZARD全盛の90年代、その頃録っておいた懐かしいビデオを観ていると、「アノ人、今どうしているんだろう?」ってミュージシャンが結構いたりします・・・。

b0093261_2092936.jpg  松田樹利亜

「抱きしめても止まらない」「だまってないで」などヒットしてましたね。
「正体不明の謎の美少女」という前提で事務所は売ろうとしていたみたいです。その後さまざまな所属プロダクションとの確執やレコード会社移籍問題が勃発し、第一線から姿を消すことに・・・。
その後も復帰を果たすも「私のファンは私の容姿ばかりみて、楽曲を真剣にきいてくれない」と爆弾発言をしてしまい、ファンは遠のいてしまったらしく・・・。



b0093261_2022648.jpg  田村直美

「PEARL」というバンドで田村"SHO-TA"直美でボーカルをしていた時代も。
その後ソロに転身し、ヒット曲多数。「永遠の一秒」「ゆずれない願い」が有名なところ。95年には紅白歌合戦にも出ています。
その後「PEARL」を復活させたり、セルフカヴァーアルバムを出したりしています。
愛知県名古屋市出身。最近「名古屋ELL」でライブもあったみたいです。



b0093261_20304114.jpg  久宝留理子

「男」がヒットしましたね~~。個人的には「早くしてよ」「reduce」とかも好きでした。パンチのある歌声とキャッチーなメロディー。
2001年にSOPHIAのメンバーの都啓一(キーボード担当)と結婚。子供ふたりを出産。
現在は音楽プロデューサーとしても活躍しているらしいです。
SOPHIAのメンバーと結婚してたんですね~。全然知りませんでした。



この3人娘の共通点は「カメリアダイヤモンド・CMタイアップ組」なんです。
当時「カメリアダイヤモンド・CMタイアップ曲」は必ずといっていいほど、売れてました。
23時くらいの時間帯に「これでもか!」と大量オンエアーしてましたね。懐かしい~~
90年代は「ビーイング」を中心に「キャッチーでわかりやすく、大衆受けするポップスの王道的ヒット曲」が本当に売れてました。
[PR]
by fonda127 | 2007-06-06 20:21 | 音楽 ▲Top
  この涙、星になれ  


b0093261_126239.jpg今日(29日)はオットマン夜勤。「しめしめ」と夜、以前勤めてた会社のお友達アイちんとデニーズでコーヒー。
キャラメルハニーパンケーキをふたりでパクリ。
ああ~~なんておいちい「キャラパン」053.gif
主婦、至福のひととき。




b0093261_1382065.jpg今日は車の中でZARDの「BEST The Single Collection~軌跡~」聴いてました。

1. 負けないで
2. 君がいない
3. 揺れる想い
4. 果てしない夢を(ZYYG,REV,ZARD&WANDS フィーチャリング・長嶋茂雄)
5. もう少し あと少し…
6. きっと忘れない
7. この愛に泳ぎ疲れても
8. こんなにそばに居るのに
9. Just believe in love
10. 愛が見えない
11. マイ・フレンド
12. 心を開いて
13. 永遠(イントロ・ピアノ・ヴァージョン)
14. 運命のルーレット廻して(リミックス・ヴァージョン)

これでもか!とヒット曲が盛りだくさん収録されているベストアルバム。
なんというか・・・安心して聴いていられる曲ばかり。
あたりまえのように身近にあった曲ばかり。
人生って失ってから気づくことの多いこと。
なんか、まだ実感がわかない。
今この瞬間、いったいどれくらいの人がZARDの曲を聴いているだろう・・・。
[PR]
by fonda127 | 2007-05-30 01:49 | 音楽 ▲Top
  「君がいない」・・・ZARD坂井泉水さんの死  


b0093261_21312.jpg

もう、突然の訃報にビックリして、腰が抜けそうでした・・・。
亡くなったということにまずビックリ・・・そして子宮頸癌を患っていたこと、肺に転移していたこと・・・そんな情報なにひとつ私たちの耳には今まで入ってきていなかったので、さらにビックリ。

私はいわゆる「ZARD世代」(こう言うのかはわかりませんが)。
ZARDが全盛期の頃、学校に行ったりバイトしたり就職したり・・・。その時代にピタッと寄り添うようにZARDが常にヒットチャートを彩っていました。
特に好きだった曲は、
「IN MY ARMS TONIGHT」
「この愛に泳ぎ疲れても」
「こんなにそばに居るのに」
「愛が見えない」・・・・

アルバム曲含めるといっぱいありすぎて書ききれない・・・。

去年の6月に子宮頸癌を発症、今年に入ってから肺への転移・・・
どんな気持ちで毎日を過ごしてきたんだろう。
闘病生活を送っていたことをここまでひたかくしてきた事務所サイドの意図がわからない。
本人の意思だったのかな・・。
「ミステリアス」であることを最大の武器にしてきたZARD。
なにも「死」まで謎めかせることなかったのに・・・。本当に悲しい。

あまりにも突然すぎて、まだよく把握できず・・・。
こんなにビックリしたの、「尾崎豊」が亡くなったとき以来だな。
こんなことってあるんだ・・・・。
そしてあまりにも「孤独な死」なので本当に、本当に胸が痛む。痛い。
[PR]
by fonda127 | 2007-05-28 21:28 | 音楽 ▲Top
↑Top