タグ:家事 ( 33 ) タグの人気記事  
▲Top
  超カンタン!炊飯器で作るヨーグルトケーキ  


b0093261_17572866.jpgb0093261_17574080.jpg


「ヨーグルトケーキ」というものを炊飯器で作りました。
実は人生で初めてケーキを作りました。
家庭科の実習で作ったかもしれませんが、キオクガナイ・・・emoticon-0106-crying.gif

そんなワタシでも作れた超カンタンレシピをご紹介します。


■材料■(うちの炊飯器は3合炊きのため以下のような分量になっております。ご自宅の炊飯器に合わせて量を調節してくださいませ)
・小麦粉・・・70g
・重曹・・・小さじ1
・砂糖・・・40g
・塩・・・ひとつまみ
・プレーンヨーグルト・・・30cc
・卵・・・1コ
・サラダ油・・・少し

■作り方■
1.ボールに小麦粉、重曹、砂糖、塩を入れて泡立て器でかき混ぜる。

2.その他の材料を1のボールに加えて 泡立て器でかき混ぜる。

3.炊飯ジャーの内釜にサラダオイル(分量外)を薄ーくぬる。

4.ゴムベラを使って流し入れる。おもむろにスイッチを入れる。

5.スイッチが切れたらパカっと炊飯器のふたを開けて満足げに微笑み、1分ほど放置する(ケーキが縮んで取り出しやすくなる)

6.仕上げは、そのままか、お好みで粉糖やアプリコットジャムをぬってください。

それほど甘くもなくサッパリめでおいしかったです。
ぜひご参考にしてくださいませ。
カンタンすぎてつまんないというクレームはぜひコメント欄にてどうぞ。

※ケーキを作れない炊飯器もございます。そこのところはスミマセン・・・。
[PR]
by fonda127 | 2007-11-02 18:20 | 日記 ▲Top
  レトロなキッチンでお料理してみたい。  


b0093261_0524457.jpg


b0093261_0532948.jpg


b0093261_0542158.jpg


b0093261_055926.jpg


b0093261_055267.jpg


※けっして我が家ではありません。

外国のキッチンって本当にかわいい。
これはアメリカンレトロなキッチンなのですが、
キッチンに洗濯機があるのが特徴的(一番下の写真)。
映画や海外ドラマでもよく見かけます。
あとキャニスターが大きい順に並んでいるのもよく見かけます(下から2番目の写真)。
「小麦粉」「砂糖」「コーヒー」「紅茶」と並んでますね・・・
我が家だったら、「塩」「片栗粉」「コーヒー」「砂糖」・・・かも(どんなだ)。
[PR]
by fonda127 | 2007-10-14 01:02 | アメリカ ▲Top
  まだ晩ごはんのお米を研いでいないアナタへ・・・  


b0093261_1452717.jpg「家事場のバカぢから」という家事指南書(?)を図書館で借りてきた。
「心が楽になる掃除・洗濯・収納・料理」をテーマに3人の働くママさん主婦が自己流の家事術を披露しているのだけど、この3人のひとり由井卯月さんがスゴイ!!



33歳、1児の母。フルタイムで勤務。馬車馬のように働くので通称「馬子」。
家事も育児も仕事も死にものぐるいの完璧主義。

●かつて磨きすぎた床ですべって後頭部を強打し、CTスキャンを撮る。
●AM8時に家事完了。出勤までの1時間はリビングで読書をする。
●夕食後は毎日ムスメのピアノの練習に2時間つきあう。
●夜はだんなさまとワイングラスを傾ける。

馬子は独自の「家事ルール」を100個くらい持っている。

《掃除編》
その極意は「ついで掃除」。
魅惑のセットプレイはこちら
「見送り+ドア磨き動作」・・・子供の登校を見送るときにドアの取っ手や内側の新聞受けを拭く。

「ドラマ+オーディオまわりふき取り動作」・・・お気に入りのドラマを見るときだけテレビやビデオデッキ、リモコンを拭く。ニュースやバラエティ番組のときはしない。

「外出+ワックスがけ」・・・週末に家族で外出する直前に床のワックスがけをする。帰宅時には乾いてピッカピカ。

《料理編》
馬子はお休みの土日に1週間分の献立をすべて考え、下ごしらえを全部やってしまう。
調理に要する時間を「下ごしらえ」と「仕上げ」に分解して、日々の生活から「下ごしらえ」の部分を抜き取り、ひとつにまとめて、ゆとりのある週末に持ってきてしまうというのだ。
つまり1週間分の食材、野菜とかを1回でまとめて切ってしまうということ。


・・・などなど、「働くお母さん」必見のアイデア満載のこの本。オススメですよん♪
働いてもいないし、お母さんでもないワタシが読んでも、「終わりなき家事」を楽しむ術が満載でとにかくおもしろい!!!

「あなたはひとりじゃない」

と、働くお母さんを勇気づけてくれるのだ。
[PR]
by fonda127 | 2007-08-27 08:31 | 日記 ▲Top
  洗濯ばさみひとつも愛の欠片・・・  


「あ、あたい・・・洗濯がスキ!!!」


妙なポツダム宣言からはじまってしまいましたが、洗濯が大好きな主婦ここにありき。
ふたり暮らしなので毎日はしませんが、洗濯カゴにポツリポツリと洗濯ものがたまりだすと「しめしめ」と柱の影でほくそえんでます。


狭いベランダがまるで迷路のようになり、全部干しきったときのアノ爽快感・・・。
暑い時期、洗濯機から出したばかりのひんやり冷たいシーツが気持ちよくて、抱きしめながらベランダへ・・・。
洗濯物をたたみ、おさまるべきところへ帰っていった衣類たち・・・・

すべての工程ラインがまぶしひ・・・・・・・・

天気が悪くて外に干せない日でも、我が家には無理やり作った「部屋干し特設コーナー」があるので(inオットマンの部屋)、そこに干すだけでもテンションあがります。大好きなコーナー。


b0093261_12113175.jpg
話は変わりますが「スライム」が届きました。
ああ、この感触・・・・愛すべき緑色の半固形・・・ぐにゃぐにゃとなんと気持ちいい・・・・・
[PR]
by fonda127 | 2007-07-05 12:18 | 日記 ▲Top
  どうやら、トイレには「神様」がいるらしい・・・  


「トイレ掃除が世界を変える」・・・・とは言い過ぎでしょうか・・・。
実はそうでもないのです。

うちのパパ上(実父)は自営で会社を営んでおります。
『団塊の世代』であるパパ上は、家ではまーーったく家事をしないステテコ親父ですが、
なんとそのパパ上が何を思ったか自分の会社の「トイレ掃除」を自ら進んでやるようになったというではありませんか!!!(母情報)

ムスメ、驚愕いたしました・・・・

毎朝6時45分に起床。誰よりも早く会社に出社し、会社のトイレを掃除する父・・・
ムスメは感動いたしました。

エライ・・・エライぞ、父!!!

どうしてトイレ掃除をはじめたのか・・・この壮大なる疑問・・・・
どうやらトイレには金運を呼び込む神様がいるらしく、トイレがキレイだと『お金持ちになる!』らしいのです。
パパ上の場合はきっと『お金持ちになる』というよりは『会社の仕事がうまくいく』という具合でしょうか。

みなさまが今ソコにいる場所・・・おうちでも会社でも・・・には7人の神様がいるらしい。
1番最初にやってきた神様はリビングなど比較的明るく、家族の笑い声が絶えない場所を陣取り、2番目・・3番目・・・と次々に寝室やキッチン、玄関・・・と続々とやんややんやとやってきます。
最後にやってきた7番目の神様・・・もうトイレしか空いてません。他は全部ちがう神様に占領されてます。
よっこらせ・・・と7番目の神様はトイレへ・・・・

しかーーーーし


この7番目の神様、なんでこんなにも遅れてやってきたかというと、どうやら重たい重たい荷物を背負っていたかららしいのです。
その「重たい荷物」とは・・・金銀財宝キラキラemoticon-0171-star.gif
6番目の神様までは比較的身軽だったようです。もちろん何か持ってますが(なんだったか忘れました)emoticon-0147-emo.gif

なので、トイレが常にキレイな家庭は「トイレ神様」が大喜びし、どんどんお金が転がり込んでくるという・・・・
そして、パパ上、努力の甲斐あって会社の業績はにょきにょきと右肩上がり!!!
ムスメ、うれしいです・・・(泣き)

これからも、トイレ掃除、ガンバレ、パパ上!!!

そんなこんなで我が家もトイレ掃除、頑張ろうと思います。

(※今、家にひとりポツンといますが、7人も神様が周りにいるかと思うとちょっと怖いです)
[PR]
by fonda127 | 2007-06-14 21:49 | 日記 ▲Top
  おかんとワタシと、ときどき康雄  


本日の1リリック

「泣きたいのに笑ったり 冷たいふりをしたり
優しい人ぶったり 誤解させたりするのは やっぱりアナタが好きだから…」

いきなりですが、大黒摩季さんの「熱くなれ!」のワンフレーズです。
ちょっと前に大黒摩季さんがテレビで歌ってらっしゃいまして、久々に感動してちょっとうるうるしてしまいました。
とにかく大黒摩季さんの曲は歌詞がイイ!リアリティーがあるところも好き。


b0093261_294871.jpg18日は我が家にうちのおかんがやってきて、換気扇を嵐のように掃除してくださいました。
ありがとうございます。
写真はそのとき使った洗剤とスポンジです。ドイツ生まれの「激落ちくんスポンジ」、ものすごくよく汚れが落ちます!!
だまされたと思って是非一度使ってみてください。
「本当にだまされますよ…」



b0093261_2163585.jpgおかんがおもむろに取り出した箱…なんと!!
私が小学生の頃に使っていた家庭科の裁縫箱!!!
甘酸っぱくもホロ苦い、当時の家庭科の授業の思い出が怒涛のごとく押し寄せてまいりました。

思へば、つらひ日々でした…。



b0093261_2233240.jpgるしはさんのブログの記事にあるのですが、
「悪魔の追跡」という映画、ちょっとムクムクと気になってきました。
DVDが4月13日に出ているのですが「TSUTAYA DISCAS」にはまだなかったです。
麗しのヒッピーヒッピーシェイク:ピーター・フォンダも出ていますし、そしてなんとその吹替を今は亡き山田康雄氏が担当しているというではありませんか!!それだけでも俄然、テンションあがります。
そして山田康雄氏といえばクリント・イーストウッド、そしてルパン三世。そしてあの髪型。
好きでした…。
[PR]
by fonda127 | 2007-04-19 02:22 | 日記 ▲Top
  大掃除のつづき…  


キッチンの換気扇…。

まめに掃除をしているカリスマ主婦たちならばなんてことない電気器具…。

だが、1年以上ほったらかし状態の換気扇は、もはや換気扇であって、換気扇ではない…。


不発弾のようだ…。


どちらかというと小市民の私は、1年中、心のどこかで、「換気扇の汚れが気になるなあ」と気にかけつつ、見て見ぬふりをしていた。
コンロの上をまたぎ、油ギトギトエリアに顔をつっこむことが本当にイヤで、そんなとき魔法の呪文を唱えるのだ。

年末の大掃除のときにやろう…

そして今、その年末が満を持してやってきた…。もしくはネギしょってやってきた(←まちがった表現)


しょうがない、やるか…と重い腰を持ち上げる。

うんもお、なにもかもが油ギトギトで、うんざりしてくる…。

換気扇本体だけじゃない。周りのエリアすべてが油まみれで、「いやあ、1年よく料理がんばったねえ」と無駄に前向きになりながらも、うんざりげんなり。
こんなとき、よくスーパーで見かける「換気扇フィルター」「レンジフードフィルター」なるものを取り付けておけば、のちのちラクなんじゃないか??と思うのだが、陳列棚で見かけた時点で「面倒くさいし、値段が高い」とケチをつけて却下している自分がいる。


人は、そのときの気分に流されて生きている。

とはよく言ったものだ。



ネジをはずし、すべて分解して…。



なんとか終了した。ふう、やり終えた私は、不敵な笑みを浮かべながら、

奇妙な達成感にひとり、酔いしれていた。
[PR]
by fonda127 | 2006-12-25 23:36 | 日記 ▲Top
  今年の汚れ、今年のうちに  


今日は夜勤へと旅立つオットマンを見送ったあと、たっぷり2時間かけて大掃除をした。
大掃除といっても、気になるところをちょこちょこ掃除しただけだけど。

・玄関
・玄関のドア
・トイレ
・お風呂場の換気扇
・お風呂場の排水溝
・お風呂場の窓
・洗濯機
・ついでに洗濯

いやいや、まだまだやれてないところたくさん。ホント、掃除ってキリがない。


昨日は少し風邪気味で、「もうすぐアメリカいくのにヤバイな~~」と思っていたのだけど、

気合いで治した。

たっぷり睡眠をとったのが良かったのかも。

そして昨日レコーダーに、「いきなり!黄金伝説 松居一代の開運掃除ダメ芸人の自宅大公開年末大掃除で2007年は運気が急上昇SP!!」を録っておいたので、それをダラダラ観てたらどんどんモチベーションがあがってきて、

つい、大掃除をしてしまった…。
と、いうわけだ(マツイ棒は使わなかったけど)。
[PR]
by fonda127 | 2006-12-23 00:38 | 日記 ▲Top
  松居一代さん新作発売!「超(スーパー)お料理術」  


b0093261_1184276.jpgでた…ついにでた…松居一代さんの超(スーパー)お料理術。過去2冊の本「超(スーパー)おそうじ術」「超(スーパー)整理・収納術」を発売し、今回は第3弾。
妥協を許さない松居さんの『食育』の集大成がつまっている。
松居一代信望者としては買わずにはいられない。

松居さん、とにかくスゴイのだ。
・1日3度の食事が命
・おでかけは手作り弁当持参(市販の冷凍食品は一切使わない)
・お茶もジュースも手作りを持ち歩き
・おなかがすいても納得できない食べ物は口にしない
・ファーストフードは口にしない
などなど、徹底した『食』へのこだわり。
現在49歳の松居さんがいつもあんなにパワフルで元気いっぱいなのは、口に入れるものすべてにこだわりを持っているからなのだそうだ。
ご主人である船越さんが、松居さんが作ってくれるお弁当を食べたあとに、感謝の思いを込めてお弁当箱をティッシュでピカピカに拭いてから家に持って帰るのだそうだ。
そんなご主人の思いがうれしくて、毎日毎日愛情たっぷりのお弁当を作る松居さん。
この「毎日お弁当を作る」ということがぐうたら主婦の私にはなかなかできなくて、ホント松居さんってスゴイと思う。
今回は松居さんが毎日どんなお弁当を作っているのか写真で紹介されていたり、松居家の食卓に並ぶ定番料理のかんたんレシピや、松居さんがいつもお取り寄せしている食材の紹介などなど…「松居印」がてんこもり。
あきらかに「松居さんが書いたんだな」とわかる「松居さんの言葉で」構成されているので、読みやすいしテンションの高さが伝わってくる。
「人生はたった1回。たったひとつの体です。あなたは何を飲んで、何を食べますか?」と松居さん。
松居さんのような徹底ぶりはちょっと無理でも、食生活に気をつけよう、とこの本を読むと背筋が伸びる思いだ。
[PR]
by fonda127 | 2006-10-23 01:56 | 好きなコト・モノ ▲Top
  夜遅くカレーライスを作る主婦。  


b0093261_125562.jpgオットマンが夜勤へと旅立っていき、まるでひとり暮らしのような自由を満喫できるそんな夜。
夜遅くこそこそと近所のスーパーへ。
買ったのはたまねぎとじゃがいもとお肉とジャワカレー。
朝に帰ってくるオットマンは朝ごはんがいわば夜ごはん。
というわけで夜11時頃からカレーライス作りスタート。
一晩寝かせておけばよりおいしいしね。
今回はじめてジャワカレーを買ってみた。

[PR]
by fonda127 | 2006-08-27 01:39 | 日記 ▲Top
↑Top