タグ:人・ひと・ヒト ( 104 ) タグの人気記事  
▲Top
  抜群の歌唱力は今も健在…上杉 昇  


b0093261_23564289.jpg

90年代前半、音楽業界はBeing系アーティストたちに支配されていると言っても過言ではなかった。
この時代、POPでわかりやすいキャッチーな曲が広く受け入れられていた。
そんなBeing系アーティストの中でもエース的な存在である『WANDS』の人気は絶大なものだった。
WANDS…計算し尽くされた楽曲たちの素晴らしさはもちろん、それでも補って余りあるボーカル・上杉 昇の歌唱力はものすごい。
音域の広さプラス表現力、あとはほどよいバランスで“甘さ”も加わり、聴く者を魅了する。
初期のWANDSの曲はBeingの王道を突っ走るべくキャッチーな曲が多かった。

そんなWANDS(というより上杉さん)が牙をむきだしたのはシングル「Secret Night ~It's My Treat~」を発表した頃だったように思う。
今までにない重厚感プラスワイルドさが増し、上杉さんのボーカルも本領発揮といった感じだ。
その後発売した4枚目のアルバム『PIECE OF MY SOUL』の完成度はすごかった。
この頃くらいからバンドとしての方向性の違いが顕著にあらわれ、シングル「Same Side」は空中分解寸前に思えた。
その後ボーカル上杉さんとギターの柴崎さんが脱退。
このふたりは『al.ni.co ( アルニコ )』というバンド名で再デビューを果たすが、後に解散、今、上杉さんはソロ活動を行っている。


b0093261_035231.jpg今年の2月に大阪のクラブクアトロまで上杉さんのライブを観にいってきた。
ソロになった上杉さんは自分がやりたい音楽という海の中で気持ちよさそうに泳いでいるように思う。
WANDSでの栄光、al.ni.coでの迷走、そして上杉 昇となった今、自分が必死で逃げてきた過去との和解、そして融合…ソロの上杉さんの曲の中にはWANDS時代を想わせるキャッチーでメロディアスな曲も存在している。
al.ni.co時代の複雑さもほどよくミックスされ、いい曲たちでいっぱいだ。
相変わらずのハイトーンボイスも健在でうれしい限り。

b0093261_054467.jpg

ご覧のようにちょっと、イヤだいぶ、上杉さんは変貌を遂げてしまったが、歌声は深みを増し、ワイルドさに磨きがかかっている。
WANDS時代の曲も1曲披露してくれた。
その曲は「Same Side」。
当時壊れそうだったこの曲が、今では補修万全で再び聴くことができ、WANDS時代からのファンにはきっとたまらない1曲となるだろう。
これからもそのパワフルな歌をどんどん聴かせてほしい、と願わずにはいられない。
[PR]
by fonda127 | 2006-06-24 01:18 | 音楽 ▲Top
  最近、気になるヒト…松居一代さん  


b0093261_2313588.jpgb0093261_23142167.jpg最近テレビでよく見かける松居一代さん。
底抜けに明るいキャラ、掃除マニアっぷりに心惹かれ、今日は松居さんの本を2冊も買ってしまいました。
『超おそうじ術』と『超整理・収納術』だああ~~~!!
とにかく本の中でも元気いっぱいな松居さん。
活字ひとつひとつにまでパワーがみなぎっています。
読んでいるだけで元気が出てきます。
テレビで言っていたのですが、だんな様の船越英一郎さんが入院したときにその病室を18時間かけてピカピカに掃除したとか。
ものすごいパワーですよ。
この本を読み進むにつれて「掃除をしなくっちゃ!」という気持ちがわきあがると同時に「ここまではできないっ!」って気持ちがはげしく交錯します。
さすが松居さん、1日24時間、1秒たりとも時間を無駄にしていない自己管理能力もスバラシイです。
私なんていつもゴロゴロうだうだ。
「今日はもう、な~~んにもしたくな~~い」って日の多いこと…。
この本、だんな様とのラブラブぶりもたくさん記載されてて、ほほえましいです。
[PR]
by fonda127 | 2006-06-09 23:45 | その人物の名は… ▲Top
  唯一無二のスーパースター…マイケル・ジャクソン  


b0093261_23552374.jpgさあ、今宵はマイケル・ジャクソンことマイコーさんですよ。
『スマ×スマ』に生のマイコーが出現!ということでテレビにかじりついて見てました。
マイコーさん、白いです。
本当に白い。
生のマイコーを目の前にスマップのみなさん、呆然としてました。
そりゃそうですよ、マイコーです。
あの、アノ、マイコーなのですから!!
ひとつ決めていることがあって、私が生のマイコーに会ったら、失神します。


b0093261_033821.jpgマイコーのDVDを押し入れから引っ張り出し、『スムース・クリミナル』のショート・フィルムを久しぶりに観ました。
そう、マイコーの場合は『ビデオ・クリップ』とは言わず『ショート・フィルム』…彼は音楽と映画の融合をミュージシャンとして見事に築きあげたパイオニアなのであります。
その『スムース・クリミナル』で有名なシーンといえば、コレ。


b0093261_012511.jpgこの『スムース・クリミナル』…マイコーが作った映画『ムーンウォーカー』の中のストーリーの一部として描かれているのですが、あまりの完成度の高さに圧巻です。
マイコーは自分の魅せ方をきちんと心得ております。
丈の長さが絶妙な白いスーツ、白い帽子、目は伏し目がちにキレのあるダンス、全体的に青い映像はマイコーの吐息まで聞こえてきそうなくらい、研ぎ澄まされています。


b0093261_0293310.jpgマイケル・ジャクソン…私は小さな頃、洋楽はわからなくてもマイケル・ジャクソンは知っていました。
彼が当時、全世界に与えた影響ははかりしれないものだったのです。
アルバム『スリラー』は売上5000万枚を超えるモンスターアルバム。
最近はマイコーの奇行ばかりが目立ってしまってとても残念。
今のマイコーのキレのあるダンスが観たい!と願わずにはいられない、そんな夜でした。ポゥゥッ!
[PR]
by fonda127 | 2006-06-06 00:53 | 音楽 ▲Top
  ミシェル・ファイファー  


b0093261_2343199.jpg
ミシェル・ファイファー…大好きな女優さんです。
めちゃめちゃキレイです。
ミシェル・ファイファーを知ったのは、もう10年以上前。
『バットマン・リターンズ』でキャット・ウーマンを演じたり、当時話題性のある映画に出てました。
高校生だった私はたくさん彼女の映画を観直したり、その後新作が出れば必ず観てました。
その後、子育て(養子と実子)期間を経て、最近またちょくちょく見かけるようになり、うれしい限り。

今、48歳ですよ。
『アイ・アム・サム』の彼女なんて、もう今までの映画の中でもサイコーにキレイ!!
見るたびに美しく、そして洗練されていく。
体中からみなぎるパワーで圧倒されてしまう。
そして、彼女が出演することで、映画に不思議な安定感が生まれるのです。
『アイ・アム・サム』を観てて、そう感じました。
主役クラスの女優さんですが、『アイ・アム・サム』では脇にまわり、それでもその圧倒的な存在感。
映画に深みを加えることのできる女優さんだな、と思いました。

ああ、これからも、もっともっとミシェル・ファイファーの映画が観たーーーい!
[PR]
by fonda127 | 2006-05-24 00:17 | その人物の名は… ▲Top
↑Top