タグ:デスパレートな妻たち ( 8 ) タグの人気記事  
▲Top
  「罪の段階」 デスパレートな妻たち 第8話  
※第8話以降のレビューはこちらに続きます。



子どもを作りたいと宣言しだしたカルロスに唖然とするガブリエル。子育てのストレスが限界に達したリネットは友人たちにSOSを発信する。スーザンはマイクとお泊りする予定の日、マイクの家で拳銃と大金を発見してしまい・・・。ブリーはまるで罪の意識のない息子アンドリューのことが心配でたまらなくなる。


b0093261_19535639.jpgまあ、そのお・・・アンドリューがホワニータを派手にひき逃げしていったんですが、母であるブリーがせっせと証拠隠蔽中。
タイヤ痕はあるし、ヘッドライトのガラスの破片とかたくさん散らばっているのに、CSIは何をやっとるんじゃい(違)。主婦たちに後片付けをさせてるなんて(違)。
ブリーは過去に自分の母親を交通事故で亡くし、そのときもこうして道路に流れた母の血を必死にふきとっていたわけだけど・・・うーむ。今回は必死さの意味がちがうな。

リネットは注意欠陥障害の薬を飲みすぎてすっかり睡眠障害を引き起こしていた。
医者から漢方薬を処方され、さあ寝るぞ!って日に限ってボーイスカウトの子どもたちが部屋になだれこんでくる。
いよいよ限界を迎えたリネットはスーザンに子どもたちを預け、いなくなってしまう。
スーザンじゃ、ダメだろ・・・。
結局スーザンがブリーに助けを求め、とりあえずダニエルに子どもたちを頼み、ふたりでリネットを探しにいく。
子育ての先輩であるブリーとスーザン(一応)は「私もそうだったのよ」とリネットを慰める。
その言葉に幾分か心が軽くなるリネット。ちょっと感動的なシーン。でもブリーも大変なときだよなあ。

b0093261_2081234.jpgb0093261_2083164.jpg
スーザンがマイクの家で偶然大金を発見してしまう。
好奇心にかられたスーザンは、マイクが家を留守にするときに届け物があるらしく留守番をかって出る。
お金をテーブルに並べて数え出すスーザン。
そして業者さんが領収書を届けるために再び来訪した際に焦り、お金を2階の洗面台にバラまく。
お金、濡れるやんかぁ~~~と、どうでもいいこと思ってしまった。
そしてドジ山ドジ子なスーザンは案の定、マイクが言っていた「床が抜けそうなんだ」という床にジャンピングぅ~~~
それにしてもスーザンの懸垂パワーはすごい。
いったい何時間あーやってたんだ・・・。
[PR]
by fonda127 | 2008-08-02 00:01 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「負けられない人々」 デスパレートな妻たち 第7話  
マイクとの初デートのはずだったスーザン。マイクの家で若くてきれいな訪問者ケンドラと会い、ふたりの関係を怪しむ。カルロスの母ホワニータはついにガブリエルとジョンの浮気現場を押さえ写真を撮るが、その直後、アンドリューの運転する車に轢かれてしまう。レックスはブリーとの離婚を申請し、リネットはトムに頼まれ上司を招いてパーティーを開く。


b0093261_142244.jpgアメリカの郊外の家に住むことで大変なことのひとつに庭の手入れがあると思う。
つねに芝生や草木、花の手入れをしておかなければならないから。
草ボーボーにしていると「町の外観を損ねる」という理由でとなり近所から苦情がくるらしい。大変だなあ・・・。
マーサ・フーバーも苦労してた。
どんなに頑張っても、お隣のブリー・バン・デ・カンプ家の芝生のほうが青いから。
お隣同士で競いあうことってあると思う。でも相手はブリーじゃあ勝ち目はないよなぁ。
フーバーさんのお庭に倒れこんだジョギング中のおじいちゃんをホースでちょんちょんするフーバーさん、ちょっとかわいい。

b0093261_14284648.jpgメアリーアリス宛の脅迫の手紙、とりあえず紙の質がどうのこうのより、
筆跡鑑定しようよと思ってしまう。
CSIなら黙っちゃいないだろうに・・・ね、主任。
指紋はスーザンたちがドロッドロに触ってるから無理だとしても(スーザンなんかポッケにこの手紙無造作にしまってるし)。
持ってた紙が一緒だったから、という理由で犯人はイーディだと狙いを定めるポール。
イーディが危ない!

b0093261_14332556.jpgb0093261_1433399.jpg
そんなイーディはポールの家を売るために仕事中。
イーディのピンクの超ミニのスーツ、すげぇ~~~。
こんなの絶対着れねぇ~~
でもイーディは超似合う。金髪美女はこういうの似合いそう。
イーディはこの頃はまだ4人の輪の中に入ってないけど、それとなくきちんと仕事してたりして存在感がある。

スーザン・・・マイクとの初デートの日、マイクの家に怪しい女ケンドラが突然やってくる。
おかげでデートはおじゃんに。
このケンドラとマイクは本当になんでもない関係なのだけど、
「シャワー浴びてくるね」だの「タオルどこーー?」だの、いちいち思わせぶる演出に若干いらいら。
とぼとぼと引き返すスーザンに「苦戦は決まりって感じ」とイーディ。

b0093261_1447919.jpgイーディはマイクとケンドラが飲みにいくと言っていたカウボーイバーにスーザンを誘う。
このシーンはある意味デス妻の伝説の吹替シーン。
「カモ~~~ン、べいびーーー」
テリー・ハッチャーの地声はかわいいのになあ。

[PR]
by fonda127 | 2008-07-30 14:52 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「火花散らして」 デスパレートな妻たち 第6話  

ガブリエルは義母にギャンブル癖があるのを知り、それを利用して相手を出し抜いてやろうと一計を案じる。スーザンはザックの行方を探るうち、父親によって心の病を抱えた青少年の療養センターに入れられたことを突きとめる。リネットは学芸会で政治的に正しい「赤ずきんちゃん」を上演しようとするエリート保護者と対立。さらに衣裳作りの重圧のなかで子供用の注意欠陥障害薬に手を出してしまう。ブリーは“性の代理人”を雇うというレックスの提案に激怒し、モーテルで夫をベッドに誘おうとする。


b0093261_140428.jpgカルロスってマザコンだったんだなあ。そしてこんなにもガブリエルの浮気を疑っていようとは。
ポールが引っ越すため開いたガレッジセールで「浮気相手がこの中にいたらどうしよう」って。
姑ホワニータはギラギラした目でガブリエルを四六時中監視している。

b0093261_1442017.jpgb0093261_1443489.jpg
ブリーの家でマフィンをごちそうになるガブリエルとホワニータ。
ふたりがあまりにもぴったりくっついているのが笑える・・・。
ブリー「うらやましいです。おふたりでこんなにも長く過ごせるなんて。
うちの姑は私と一日いるのも嫌がるわ」
シーズン2でブリーのお姑さん出てくるけど、まあどっちもどっちなんだけどね・・・。
そこへジョンがブリーの娘ダニエルと一緒に学校から帰宅。
「純潔クラブ」って・・・。
「純潔クラブ」とはキリスト教に基づき「結婚するまで純潔を守りましょう」みたいな会らしい。
どんな活動してんねん・・・。
ジョンが「純潔クラブ」っていうのも笑えるんだけどね(のちのダニエルもね・・・)。

b0093261_14145466.jpgb0093261_1415851.jpg
ブリー、ワイン片手に優雅にひとりランチ中。
そこへ夫婦でカウンセリングを受けているゴールドファイン先生が、こちらもひとりでテーブルに着く。
ゴールドファイン先生が席に座るやいなや読みだした本がハーレクイン恋愛小説みたいな本。あの先生らしい・・・。
個別にレックスだけカウンセリングを受けたときの相談内容が気になるブリーは先生にご一緒していいかと聞くのだけど、「クライアントとは距離を置いているから」と断られる。
しかしあまりにもちらちらとせつない視線を送るブリーに「カウンセリング扱いになりますけど、よろしいですか?」と相席することに。

b0093261_142581.jpgb0093261_14252217.jpg
ブリーは自分がベッドではいかに情熱的か熱弁をふるう。
「あの感じも、あのにおいも、男の肉体ってたまらない。
思いっきり撫でまわすわ・・・。
正直、唯一苦手なのが“いんのう”で。大事なものなのはわかってますが、どーーうしても邪魔っけで」
いんのう??
最初聞いたときわからなくて、ま、まさか飲???
・・・とひとりドキドキしておりました。「陰嚢」ですね・・・。(なに書いてんだワタシ)

ブリーのお熱い(?)トークにおなかがいっぱいになってしまったゴールドファイン先生なのでした(「今日のわんこ」風に)。

b0093261_14331382.jpgb0093261_14332526.jpg
ブリーさん、欠けたカップの修理をしております。
なにを塗っているのかわからないのだけど、マニキュアみたいなもの??
1話に必ずひとつは出てくるブリーの「くらしのミニ情報」、大変勉強になります。
そうか・・・欠けたカップは修理できても、夫婦のほころびを元に戻すのは大変そうだ・・・。ガンバレ、ブリー・バン・デ・カンプ!
(※毎度毎度、ブリーの話ばかりでスミマセン)
[PR]
by fonda127 | 2008-05-09 14:46 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「招かれざる客」 デスパレートな妻たち 第5話  

近所の猫の世話を頼まれたスーザンはその家で家宅侵入の証拠品を発見。届け出たスーザンは巡査にデートに誘われる。ブリーはザックと心を通わせるが、ザックは母親メアリー・アリスが自殺したのは自分のせいだと思っている。リネットとトムは双子を名門私立校に入れるために奮闘。ガブリエルはカルロスの母が訪ねてきたため、当面浮気にも慎重にならざるを得ない。


b0093261_23413460.jpgフロムさんちの家宅侵入の件で集会が開かれ、ウィステリア通りの住人たちが集まってきた。
テーブルの上にはコーヒーとドーナツ。
「ツインピークス」みたいだ。
それにしてもマイクの潜入捜査って甘いよなあ。「郊外の住宅地だから気を抜いてた」って・・・。

b0093261_23493855.jpgb0093261_23495134.jpg
ブリーはいそいそと子どもたちのキャンプ用のお弁当作り。
おいしそうなサンドイッチ。
ブリーのお手製サンドイッチ食べてみたい。
サンドイッチひとつひとつジップロックしてるブリー。
それにしてもブリーってば、家でお弁当作っているときも完璧な装い。
パールのネックレスに完璧な化粧(レックスが帰ってくるせいもあるか・・・)
そこへ別居中のレックスが子どもたちを車で送るために帰ってくる。
「フロムさんちで家宅侵入があったから怖いの。帰ってきてくださらない?」とブリーはレックスに言う。
でもレックスからの返事は「修復はみこめない。ひとりに慣れるしかないんだ」と。
落胆するブリー。
・・・レックス、思わずおいしそうなサンドイッチに手が伸びる。はねつけるブリー。
「モーテル暮らしでここのところまともなもの食べてないんだ」とレックス。
「あなた、修復がみこめないのであれば、ひどい食事にお慣れにならなきゃ」うふ
夫婦関係の修復はみこめない、と言ってるレックスだけど、ブリーが作ったおいしい家庭料理が恋しいんだろうな・・・。いつもモーテルの自販機の食事みたいだし。

b0093261_052472.jpgガブリエルのお姑さんホワニータが突然やってくる。
ガブリエルの浮気を疑っているカルロスが呼びよせたらしい。
なんといいますか・・・ちょっとあき竹城さんっぽいお姑さんじゃないですか?(違)


b0093261_0105188.jpgリネットとトムは双子ちゃんを名門「バークリフ学園」に編入させるため校長先生と大事な面談。
「お子さんの学力は我が校の水準にはちょっと足りません。でも我が校は一卵性双生児に大変関心があります」と校長先生の前向き発言にリネットはすかさず双子であることを猛烈アピール。

リネット「ふたりだけに通じるテレパシーがあるみたいで・・・」
トム「かなり不気味でして・・・」
リネット「不気味というより特殊技能ですね」
トム「ほえたりうなったりもう大変・・・」
トムが足をひっぱるひっぱる。
やっぱりリネットの一流キャリアウーマンぶり手腕に比べると、トムって仕事できないんだろうな・・・とか思ってしまった。

b0093261_0235548.jpgb0093261_0241172.jpg
ブリー奥様、ただいまレックスと別居中ですが、ご機嫌がよろしいようで鼻歌が止まりませぬ・・・。
声優の渡辺美佐さん、ブリーに見事になりきっていてステキです。
それにひきかえ・・・(以下自粛)

それにしてもイーディが出てこなかった・・・。(集会にもいなかった気がする)
[PR]
by fonda127 | 2008-04-19 00:36 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「女は多面体」 デスパレートな妻たち 第4話  

リネットは双子に注意欠陥障害の薬を飲ませるべきかどうか悩む。フーバーさんはイーディの家の火事をネタに、スーザンを脅迫しようとする。カルロスはガブリエルの浮気を確信するが、殴る相手を間違えてしまう。レックスはモーテル住まいを始め、ブリーは反抗的な息子アンドリューにひとり手を焼く。


b0093261_14583971.jpgb0093261_1459058.jpgb0093261_14591343.jpg
イーディのセクシー洗車きたーーーーー!!
流している音楽もなんだかセクシー洗車にぴったりな曲。さすがだイーディ。
これには思わずマイクも庭仕事の手が止まる・・・。
この様子を見ていたスーザンはなんとか割り込もうとするが・・・。
スーザンのムスメ・ジュリーが「まちがって届いたマイク宛のDM、こういうときのためにとっておいたの」ときっかけを作ってくれる。
本当に・・・本当にジュリーはしっかりしたいい子に育っている。
なぜだ・・・・母親がスーザンなのに・・・・反面教師か・・・・・

見事に邪魔されたイーディはフーバーさんに毒を吐く。
「ホント、むかつく女!
あのスーザン・メイヤーの鹿みたいなでっかい目、見るたびいつも思うの。
鹿狩りに行きたいって」
確かに・・・スーザンは鹿に似て・・・いる(ゴクリ)さすがだイーディ。

b0093261_15115078.jpgb0093261_1512201.jpgb0093261_1512345.jpg
バン・デ・カンプ家ではブリーが「んん~んんん~♪」と鼻歌を歌いながらディナーの用意中。
大黒柱のレックスは出ていってしまった。
パパがいないことを不信に思う子どもたち。
ダニエルが「あの鼻歌は不安なときママが出すカラ元気」と察知。
意外にもダニエルって普段からママのことをちゃんと見てるんだな。
どこかの国王の晩餐会ですか?ってくらい豪華なディナーが食卓に・・・。
ブリーってある意味、わかりやすいお母さんなんだろうな。
これを見た子どもたちは「離婚の危機、確定ね」となにもかも悟る。

b0093261_1521078.jpgb0093261_15211468.jpg
イーディの家を燃やしたのはスーザンの仕業だと見抜いたフーバーさんはスーザンに次々と無理な要求をしだす。
「イーディの保険なかなか下りないの。保険が下りるのが先になればなるほどイーディはうちに長居するの。食べ放題、使い放題、お湯も好きなだけザーザー」
そうか・・・イーディは生活費をフーバーさんに払ってないわけだ。
フーバーさんは友達のよしみで泊めてあげてるけどフーバーさんにも金銭的に余裕があるわけじゃない。
たまってきた鬱憤を諸悪の根源スーザンにぶつけ、お金を巻き上げようとするフーバーさん。

b0093261_15272637.jpgなんとかせねばとスーザンはジュリーをフーバーさんちに忍びこませ、焼け跡で見つかったスーザンの計量カップを盗ませようとする。
「やぁーだもぉドジ」
・・・吹替がヒド・・・(以下自粛)


b0093261_1532035.jpgb0093261_15321629.jpgb0093261_15323070.jpg
この掃除用手袋、かわいい

家に帰ってこないアンドリューの部屋のドアを蹴り飛ばすブリー。
こういうときのブリー・エナジーははかりしれない。
アンドリューの部屋でストリップバーのマッチを発見。早速押しかけるブリー。
「部屋に入ったの!?」
「それだけじゃないわ。明日の朝はおそうじします」ぴしゃり
せっかくだから・・・とアンドリューの隣に座るブリー。
「グラスワインをお願い。シャルドネを」うふ

それにしても(ネタバレですが)アンドリューは実はゲイなわけで、
なのでストリップバーに友達と来ていた、というのは今から思えば不思議。
まだ模索中だったのか、アンドリュー。
[PR]
by fonda127 | 2008-04-07 15:45 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「ガラスの理想」 デスパレートな妻たち 第3話  

みんなはメアリー・アリスが計画していたディナー・パーティーを、彼女を偲ぶ会として決行することにし、相変わらず結婚生活に悩むブリーがホスト役を買って出る。スーザンは別れた夫カールとその恋人ブランディに向かって、積もり積もった怒りを爆発させる。ガブリエルは近所に引っ越してきた少女にジョンとのキスを目撃され、口止めに自転車を買うハメに。リネットはトムに専業主婦の苦労をわかってもらおうと必死だ。


b0093261_15571883.jpgウィステリア通りの平和な朝。
みんなが新聞のどの欄を読んでいるか、メアリーアリスが語る。
リネットはビジネス欄。ブリーはインテリア。ガブリエルはファッション。スーザンは第一面を走り読み。
これだけで4人の特徴がわかる。イーディだったらどこかなあ。
ブリーんちってキッチンのスミに「軽めのお食事用」コーナーがある。

b0093261_1635656.jpg食事会をすることになりブリーがホスト役を買ってでる。
「実はみんなに披露したくてたまらない食器があるの」
「“子羊の蒸し煮”を作るわ」(うふ)
「それでも行く」って・・・リネットったら
←この服、ステッチがかわいい。

b0093261_1692291.jpg仕事にいくレックスのお弁当を用意しているブリー。
あ・・あのお、ピクニックにでも行くんですか?ってくらいものすごい重そうなランチボックス。
アメリカのお母さんってピーナッツバターサンドとバナナを紙袋(茶色の)に入れて持たせてるイメージがあるんだけど、ブリー・バン・デ・カンプは絶対そんなの持たせないんだろうな・・・。

b0093261_16155235.jpgb0093261_16161044.jpg
カール(スーザンの元ダンナ)の恋人ブランディはちょっぴりシャラポワ似。
スーザンもスーザンだけど、ブランディ、元奥さんの目の前のゴミ箱めがけて空き缶放り投げるなよ。しかもはずしてるし。

素っ裸でカニ歩きする伝説のスーザン。
テリー・ハッチャー、手足長っ!!

b0093261_16221366.jpgブリーんちの食事会。
カルロスが一生懸命(?)レックスと世間話をしてる・・・。
カルロスってあんまりご近所さんとの交流がなさそうに見えたからちょっと笑える。
カルロスったらレックスの世間話を掘り下げすぎ。おかげで結婚カウンセラー通いがバレちゃった!!

b0093261_16255285.jpgb0093261_1626652.jpg
それを聞いてたブリーは思わずお料理を落っことす。
これなんだろう?きゅうりの上にサワークリーム??
怒り心頭のブリー。
でもすぐに居直って、にっこり。
「みなさん席におつきになって。食事にしましょう」(うふ)
怖い・・・怖いよ、ブリー・バン・デ・カンプ。

b0093261_16301767.jpg気まずい食事会がスタート。
でもみんなが一生懸命自分たちの赤っ恥体験を披露し、和やかなムードに。
だが・・・しかし。
「うちの主人は果てたあと泣くの」
怖い・・・怖いよ、ブリー・バン・デ・カンプ。
せっかくレックスもちょっぴり和やかムードだったのに、ブリーのこの一言で食事会真っ最中に家飛び出しちゃったよ。

それにしてもバン・デ・カンプ夫妻の不仲を、食事会にも出てなくて、普段家にもあまりいないトムが見抜いていたとは・・・。

b0093261_16374114.jpgb0093261_16375733.jpg
・・・というわけで、家を出てモーテル暮らしをすることになったレックス。
ブリー、荷造りしとるし・・・

「水着も入れておくわ。泳ぐとリラックスできるから」(うふ)
・・・と、くるくるっと水着を収納するブリー。
でもさすがにレックスが出ていくときはたまらず、
「私たち理想のカップルだって思われてた。それがどうしてこうなるの?」
その問いにレックスは、
「キミが荷造りすらさせないからだ」とぴしゃり。
呆然とするブリー。

でも、しわができてしまったシーツを整えずにいられないブリーなのでした。

※ブリーの話ばかりでスミマセン・・・
[PR]
by fonda127 | 2008-03-25 16:50 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「それぞれの秘め事」 デスパレートな妻たち 第2話  

ガブリエルはプレゼントで機嫌をとろうとするカルロスにうんざり。ブリーとレックスは結婚カウンセリングを受け始める。スーザンとイーディはマイクのハート争奪戦に突入。リネットは聞きわけのない子供たちを懲らしめようとして、とんだ災難を招く。せんさく好きのマーサ・フーバーはスーザンがイーディの家の火事に関係しているとにらみ、スーザンは謎の手紙のことをポール・ヤングに話すべきかどうか迷う。


まだこの頃ってスーザンをメインに描かれているような気がする。
スーザンってドジ山ドジ子さんだし、破壊の女神だし、そしてなにより吹替が・・・・(以下自粛)

ここのところ毎夜タナカとの仕事のつきあいで帰りが遅いカルロス。
「私、週6日ひとりでごはん食べるために結婚したんじゃないのよ。
今日なんか退屈すぎて、
あとチョットでうちの掃除しそうになった」
すっげえ~~。
(「あとチョットでうちの掃除機壊しそうになった」とか言ってる自分とエライちがい。)
・・・そうだよね・・・家事はメイドのヤオ・リンまかせのガブリエル。
でもってガブリエルはせっせと庭師のジョンと絶賛浮気中。
庭師ジョンの魅力がいまだわからない私・・・。

b0093261_1755641.jpgb0093261_17552267.jpgb0093261_1755351.jpg

イーディんち、スーザンのせいで燃えちゃったよ・・・。
イーディんちってウィステリア通りのちょっと奥まったところにあるんだよね。
ウィステリア通りのセットはロサンゼルスのユニバーサルスタジオ内にあるのだけど、実際に家1軒燃やしたのかなあ。それにしても漫画みたいな燃え跡。
イーディは友人のマーサ・フーバーさんちに身をよせている。
イーディとフーバーさんが友達って設定も笑える。
そしてよりにもよってスーザンが落としてった計量カップをフーバーさん発見!!
一番厄介な人物に発見された。名探偵マーサ・フーバー。
それにしてもフーバーさんって天地真理に似てる・・・(ちがうか)

b0093261_1851011.jpgb0093261_1852692.jpg

ブリーとレックスは結婚カウンセラーへ。
でもブリーはカウンセラーのゴールドファイン先生の上着のボタンが取れかかっているのをめざとく発見し、気が気じゃない。カウンセリングも上の空。
思わずソーイングセットをバッグから取り出しスタンバるブリー。
すごい・・・。
いろんな色の糸がこれでもかって入ってる・・・。
案の定カウンセリングはなんの解決にもならず、ソーイングセットも出番なし。


イーディの服を調達するために西へ東へ奔走するフーバーさん。
スーザンに「イーディに古着さがしてくれた?あの人はだか同然だから・・・」と声をかけると、
「好きでそうしてるんだと思ってた」って・・・。スーザン、
罪の意識、ねえぇぇぇぇぇ・・・・

b0093261_18161995.jpg2回目のカウンセリング。
レックスが急に来られなくなり、ブリーひとり。
最初は帰ろうとするのだけど、いまだボタンが取れかかったままの上着を見て、我慢の限界になったブリー(どんな我慢だ・・・)。
「ゴールドファイン先生、
上着を脱いでください」ピシャリ
ちょっとときめいちゃったよゴールドファインせんせい053.gif
ピンクのスーツがかわいいぞブリー。

b0093261_18251212.jpgウィステリア通りをなにやら調査中のマイクの冷蔵庫の中にあやしげな相関図(?)が・・・。
よーーーく見ると登場人物たちの年齢が書かれてある。
ブリー42歳。
スーザン35歳。
リネット41歳。
ガブリエル・・・・カルロスの写真がかぶっちゃって見えない。でも多分この頃20代後半。
ご近所だというだけで、年齢も生活レベルも差がある4人なのに、よく仲良くなったなあ。

ボンゴ・・・スーザンのイヤリング食べちゃって、かわいそう・・・・
[PR]
by fonda127 | 2008-03-21 18:43 | デスパレートな妻たち ▲Top
  「一通の手紙」 デスパレートな妻たち 第1話(パイロット版)  

大好きな「デスパレートな妻たち」のレビューもはじめようかと思います。
ブリーが好きなのでほとんどブリーの記事になってしまうかもしれませんが、よろしくどうぞ040.gif

よき妻で一児の母、メアリー・アリス・ヤングはある日突然、自殺する。友人のスーザン、リネット、ガブリエル、ブリーには皆目理由がわからない。
メアリー・アリスの死をきっかけに、4人はそれぞれ、自らのデスパレートな人生に思いをめぐらす。


b0093261_21142826.jpgb0093261_21144539.jpg
メアリー・アリスのお葬式のあと、近所の人たちが集まってきた。
食べ物は持ち寄り。
「ツイン・ピークス」でもローラのパパ・リーランドが死んだときに近所のみんなが食べ物を持ってきてたっけ。

子育てに忙しいリネットは出来合いのフライドチキン、リッチなガブリエルはメイドのヤオ・リンが作ったパエリヤ、料理が下手なスーザンは「焦げてるのに中身はナマ」という奇跡のマカロニ・チーズ、ご近所でも有名なカリスマ主婦ブリーは一から作ったマフィンを持参。
そんなブリーがメアリー・アリスのだんなポールに一言・・・

「カラになったバスケットは返してちょうだいね」うふ

b0093261_21281779.jpgバン・デ・カンプ家の夕食タイム。
メニューは「オッソブーコ」と「バジルピューレ」

ムスメのダニエルは「一度でいいからみんなが知ってるスープにして」と言い出す始末。
「オッソブーコ」とは仔牛の骨付きスネ肉を筒切りにして、トマトで煮込んだ料理のこと。
さすがブリー・バン・デ・カンプ。
b0093261_21345100.jpg
↑こんなかんじ・・・

息子のアンドリューに味はどんな感じかとたずねると「それなり」と一言。
英語では「It's OK」って言ってた。
あまりにも無反応な家族の態度に憤慨したブリーは「お母さん3時間もかけて作ったのよ!」と猛烈抗議するが、
アンドリューに「その完璧主義、ついていけない」と言われてしまう。
大黒柱のレックスは「塩とって」とブリーの完璧なオッソブーコに味付けをする始末・・・。
こんな具合にブリーの家族は完璧すぎるブリーにうんざりしていた。


b0093261_21424715.jpg家族でファミレスに来たブリー。
ナイフやフォークをナフキンでふきふきするブリーさま。
「明日はカラダにいい“チキンのサルティンボッカ”を作るわ」うふ
「こんな見かけだけの生活は耐えられない」とレックスに離婚を切り出されてしまう。
その後たまねぎアレルギーのレックスにうっかりブリーはサラダバーでたまねぎを入れてきてしまったので、病院へ担ぎこまれてしまう。

「嫌なんだ・・・そうやって四六時中完璧でいるキミが・・・。
不気味にかたまったその髪形もイヤだし、
朝、顔を洗う前にベッドが整えられるのも我慢ならん・・・」

と病床で訴えるレックス。
そんなレックス・バン・デ・カンプを演じているのはスティーブン・カルプという俳優さん。
実はこの俳優さんに決まる前はMichael Reilly Burke という俳優さんに決まっていたらしく(こちら参照)、第1話でイーディの家が燃えてしまうシーンの中にこの人が映っている。

b0093261_21575191.jpgb0093261_2158885.jpg
「デスパレートな妻たち」の後ろに「デスパレートな夫たち」であるカルロス、ポール、トム、レックスがそれぞれ立っていて、ブリーはレックスのもとへ歩いていくのだけど、どう見てもスティーブン・カルプではなさそうだ・・・。

ブリーのことだけで終わってしまった・・・
[PR]
by fonda127 | 2008-03-17 22:10 | デスパレートな妻たち ▲Top
↑Top