「ほっ」と。キャンペーン
  <   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧  
▲Top
  酔いしれる世界、グラスバレーの音楽  


b0093261_21304363.jpg


私は高校生の頃からグラスバレーが好きで、
ライブにもよく足を運び、
まさに青春とともにあった音楽、と言っても過言ではないのだけども、
そのグラスバレー、超マイナーなので知らない人のほうが多いとは思いますが、
その昔ビーイング系音楽が流行っていた頃、REVという出口雅之のソロユニットがあったのですが、
その出口さんがREVの前に活動してたバンドがグラスバレーです。

そのグラスバレーに今、オットマン氏が見事にハマり、毎日毎晩、寝ても覚めても聴いています。
カラオケでも歌います。
これは私としては予想外の出来事で、
まさかここまで!!と、日々驚き、そしてにんまりほくそえむ毎日です。
「しめしめ・・・」と。
グラスバレーの音楽の素晴らしさを理解してくれる人がこんな身近にあらわれるとは・・・。

そんなオットマン氏にグラスバレーの曲で何が一番好きか、聞くと、
「BANG BANG」らしい・・・。
まさに、

ウルトラ・ド・マイナー

グラスバレーの中でもド・マイナーです。好きだけども。


あぁ、グラスバレーは本当に最高。
この世界観はなかなかない。
5人が奏でる音楽は極上の美酒。
まさに酔いしれます。
その独特な世界観を確立してたゆえ、
少しでもハズれてしまうと、
「グラスバレーらしくない」と言われてしまう。
グラスバレーの土台・礎であった上領亘が脱退し、
ハードロック路線にシフトしつつあったアルバム「アット・グラスバレー」では、
メンバー間で音楽の方向性の違いが顕著にあらわれてしまい、バンドは解散。
私は、ハードロックな方向に変わっていったとしても、ついていこうと思っていたので、解散は残念でなりませんでした。
ここであきらめてしまったんだなぁ・・・とほんの少し失望もしました。
でも、今でも変わらず、グラスバレーの音楽は私のそばにあります。
[PR]
by fonda127 | 2009-09-04 22:06 | 音楽 ▲Top
  スマステ「もう一度PVが見たい80年代洋楽ベスト」  


先週の「スマステ」はちょうどマイケル・ジャクソンの誕生日と重なったということで、
「もう一度PVが見たい80年代洋楽ベスト」というのをやってました。


1位 マイケル・ジャクソン

2位 マドンナ「ライクアヴァージン」('84)

3位 USAフォーアフリカ「ウィアーザワールド」('85)

4位 アーハ 「テイクオンミー」('85)

5位 シンディ・ローパー 「ガールズジャストワナハヴファン」(ハイスクールはダンステリア)('83)

6位 オリビア・ニュートンジョン 「フィジカル」('81)

7位 ヴァン・ヘイレン 「ジャンプ」('84)

8位 デュランデュラン 「リフレックス」('84)

9位 カルチャークラブ 「カーマはきまぐれ」('83)

10位 ジャネット・ジャクソン 「リズムネーション」('89)

11位 ワム! 「ウキウキウェイクミーアップ」('84)

12位 フランキーゴーズトゥハリウッド 「リラックス」('83)

13位 RUN DMC 「ウォークディスウェイ」('86)

14位 エイスワンダー 「ステイウィズミー」('85)

15位 デッドオアアライヴ 「ユースピンミーラウンド」('84)

16位 ブルース・スプリングスティーン「ボーンインザUSA」('84)

17位 レイ・パーカーJr 「ゴーストバスターズ」('84)

18位 ビリー・ジョエル 「アップタウンガール」('83)

19位 プリンス 「バットダンス」('89)

20位 ケニー・ロギンス 「デンジャーゾーン」('84)


あんまりくわしくないのですが、
19位のプリンス!

b0093261_21425476.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=VLlQpc8D2Kc←Batdance

なんかこのPV、クセになる。
昔とんねるずの「みなさんのおかげです」でとんねるずがそっくりにPV作ってたので驚きました。
カクカクっと踊るプリンス、なんだかほほえましく、ヘビロテ中。

ビリー・ジョエルといえば「The Stranger」が好きです。
かっこよすぎて鳥肌たちます。



b0093261_21591334.jpg


デッドオアアライヴの髪型にド肝を抜かれ、
ケニー・ロギンスがベッドに横たわったまま熱唱する姿に「・・・・・。」と思ったり、
なかなか楽しまさせていただきました。
嗚呼、80年代。
やはり、マイケル・ジャクソンとマドンナの存在は当時から圧倒的で、
マイケル・ジャクソンの最期の映像、リハーサル風景を映した動画はせつない。本当にせつない。



マイケルが毎日どんな薬を飲んでたにせよ、
マイケルがどれほどこのロンドン公演を待ち望んでいたか・・・
何もわからぬまま亡くなってしまったマイケル、無念だっただろうな。
[PR]
by fonda127 | 2009-09-03 22:16 | 音楽 ▲Top
↑Top