<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧  
▲Top
  王様の野菜…モロヘイヤ  


b0093261_2346165.jpg

最近のマイブームがこちらモロヘイヤ
エジプト生まれのモロヘイヤはその昔クレオパトラも食べていたと言われている。
青菜の中でもずばぬけた栄養価を誇るモロヘイヤは、

・便秘予防や改善
・肥満の予防に効果的
・ガンの予防や老化を防ぐ
・コレステロールの低下
・シミ、ソバカスを防ぎ、皮膚を活性化させる
・高血圧の予防に効果
などなど、さすが、キング・オブ・青菜!!
血液ドロドロ気味の私は、このモロヘイヤと納豆とともに、これからの人生を健康に生きていきたいと願うのだ。
ちなみによくお味噌汁に入れている。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-29 00:02 | 日記 ▲Top
  滝川クリステルさんの、憂愁美。  


b0093261_0463375.jpg

私の周囲の男性陣に圧倒的な人気を誇るのが滝川クリステルさん。
斜め45度の女王と呼ばれる滝川クリステルさん、現在フジテレビの夜の女神だ。
1977年10月1日生まれ、本名は滝川・ラルドゥ・クリステル・雅美、お父さんがフランス人、お母さんが日本人のフランス生まれ、AB型。
美しいハーフだ~~。
新人アナウンサーの頃は「滝川雅美」で活動をしていたのだけど、「ハーフであることを前面に出していくぞ~」という会社の方針のため、現在の名前になったのだそうな。
へえ~~~。確かに「滝川クリステル」という名前、どこかミステリアスで謎めいた響きを含んだイメージを作り出してくれる。
「山本スーザン久美子」が成し得なかった「ハーフの憂愁さ」を見事に表現できているのだ。

そう、滝川クリステルさんの魅力は「憂い」であるような気がする。
潤んだ目も官能的な唇も魅力だけども、そのすべての要素をひっくるめて彼女には忽然と静かに佇む「憂い」が存在している。
その「憂い」が「夜のニュース」と見事にシンクロし、仕事で疲れた世のおじさまたちのハートを掴んで離さない。
番組がはじまって2秒後の「こんばんは、滝川クリステルです」のあとに左のカメラを向く瞬間がたまらない、というファンは多いぞ~~~。

独走状態の滝川クリステルさんに新たに挑むのが、TBS「NEWS23」の膳場貴子さんと、日テレ「NEWS ZERO」の小林麻央さん。
この秋、改編後の「夜のニュース戦争」がおもしろくなりそう。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-28 01:10 | その人物の名は… ▲Top
  カラオケ フルマラソン♪  


火曜日の夜、オットマンとカラオケマラソンにいった。
以下は私たちが歌った曲たち。★が私、●がオットマン、◎が一緒に歌った曲。機種はUGA。UGAは曲数がハンパじゃないくらい多いので、かなりマニアックな選曲になってしまった…。

歌った曲リスト

★ISLAND BLUE/中山美穂
●林檎殺人事件/郷ひろみ+樹木希林
★THAT DON'T IMPRESS ME MUCH/SHANIA TWAIN
●想い出がいっぱい/H2O
★MAGIC(Adventurous Heart)/浜田麻里
●絶愛~1989/石原慎一
★MISTY LOVE/中山美穂
●オタスケマンの歌/山本まさゆき、少年少女合唱団みずうみ
★AIN'T NO OTHER MAN/CHRISTINA AGUILERA
★DESERT ROSE/Sting
●BRONZE 殉教/南条晃司
★GET TOGETHER/Madonna
●あした/al.ni.co
★Mind Game/中山美穂
●DON'T TRY SO HARD/WANDS
★蒼いときめき/橋本美加子
●Real Face/KAT-TUN
★I NEED TO KNOW/Marc Anthony
●LOVE ROMANCE/デーモン小暮
★PASSION/早見優
●Speed/ken
★IT ONLY TAKE A MINUTE/Take That
●愛のカタマリー/松崎しげる
★Why Not?/中山美穂
●VAMPIRE WOMAN/B'z
★Stardust Lover/中山美穂
★Strange Parade/中山美穂
●SUMMER SUSPICION/杉山清貴&オメガトライブ
★Clack-sion/メイ
●溺愛ロジック/堂本剛
★SPACE ODDITY/DAVID BOWIE
●LORELEY/L’Arc~en~Ciel
★Destiny/中山美穂
●Suicide Solution/al.ni.co
★REMEMBER THE TIME/Michael Jackson
●poo pee people/上杉昇
★GET YOUR LOVE TONIGHT/中山美穂
●ジェラシー/井上陽水
★JUST MY LOVER/中山美穂
●ガンダーラ/ゴダイゴ
★UNバランス/河合奈保子
●Secret Night ~It's My Treat~/WANDS
★フリフリ'65/サザンオールスターズ
◎春雷/KinKi Kids
★SO CRAZY/安室奈美恵
●ヒルトップ・マンション/クレイジーケンバンド
●愛想曲(セレナーデ)/タッキー&翼
★エスカレーション/河合奈保子
●世界が終わるまでは…/WANDS
★Temptation(誘惑)/本田美奈子
●forbidden lover/L’Arc~en~Ciel
★One Night In Heaven ~真夜中のエンジェル/WINK
●最後の約束~SEE YOU AGAIN/AMBIENCE
★HUNG UP/Madonna
●finale/L’Arc~en~Ciel
★Get Love/横山輝一
●シャイニン・オン君が哀しい/LOOK
★祝い酒/坂本冬美
★天城越え/石川さゆり
◎FACES PLACES/globe
●Brand New Love/WANDS
★I'm proud/華原朋美
●ドレス/BUCK-TICK
★白く染まれ/WANDS
●ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ/エレファントカシマシ
★スノーフレイクの街角/杏里
●忘却の空/SADS
★Paradox/浜田麻里
●愛の十字架~Promise 2U~/堂本光一
★Wait & See ~リスク~/宇多田ヒカル

読んでくれた方、ありがとうございました。040.gif
オットマンがカラオケ中にすべて曲名をメモしてくれてて、家に帰ってからすべてPCに打ち込んでくれた。「これでブログに載せれるでしょ」って…。感謝カンシャだよ~~~~!!まさかブログに載せることになるとは思ってなかったけど…。
(私、異様に中山美穂が多いのは、普段ジョイサウンドとかには入ってないアルバムの曲を集中して歌ったため。)

ふたりで6時間歌った…。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-27 02:35 | たまのおでかけ ▲Top
  前略、岡田あーみん様  


b0093261_23174845.jpg岡田あーみんの漫画は私のバイブルだ。
小学生のときに「りぼん」で出会い、それから私の血となり肉となっていった。
私自身の根底を支えている、と言っても過言ではない。

代表作『お父さんは心配性』も好きだけど、『こいつら100%伝説』のどーーーーーうしようもないくだらなさが、もうたまらない。
極丸(きわまる)、危脳丸(あぶのうまる)、満丸(まんまる)、先生、たーみぃさん、お姫はん…もう書いてるだけで、ぷるぷる笑えてくる。
とにかく出てくるシーン、出てくる言葉、どれもこれもくだらなさの中にキラリと光るばかばかしさ、とでもいいましょうか(この言い方もあーみんっぽい)、全編通してノンストップなギャグ漫画。
もう果てしなく突っ走って、おなかがよじれて、腹筋が鍛えられ、呼吸困難になることうけあい。
シュ、シュールすぎるよ~~~。


あーみん名言集

「Eじゃん Gジャン 最高じゃん」
「あのつなわたり団員は前から生意気で気に入らなかったのです。うまく事故に見せかけることができました。」
「タ~ミネ~タ~(※オレのことスキなんだろ)」
「近くはアメーバやバクテリア、遠くは宇宙の彼方イスカンダルまで見れるウルトラ遠近両用メガネ」
「生ゴミは火曜日やゆーてるやろォ!!外国人やからって特別扱いはせェへんでー」
「トマホークベーゼ」
「男好きシスターズ」
などなど…

もう笑えて笑えて…ひぃひぃ…あーみんは私の神様だああ~~~。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-26 00:12 | 好きなコト・モノ ▲Top
  「半日村」という絵本。  


b0093261_031654.jpg

なぜだろう…。
「半日村」という絵本とめぐりあう確率がかなり高いぞ、わたし。
特に病院とかで。
見かけるたびに、つい、読んでしまう。
小学生のとき、国語の時間だろうか、この絵本について勉強した記憶が甦る。
一日のうち半日しか陽があたらない半日村。その貧しい村に陽をあてようとして、村のうしろにある高い山をけずる少年のお話。
給食の時間に、斜め前の席の八神さんが、この『半日村』の美学について、とうとうと話をしてくれたことを思い出す…。
美学だけど、笑えました…。
でも、ホント、いい絵本だ。
挿絵が味わい深すぎる!!

斎藤 隆介 文/ 滝平 二郎 絵
[PR]
by fonda127 | 2006-09-25 00:15 | 好きなコト・モノ ▲Top
  レネー・ゼルウィガー  


b0093261_22501950.jpg

名前:レネー・ゼルウィガー
RENEE ZELLWEGER
生年月日:1969年4月25日
出身:アメリカ、テキサス州ケイティ

最近、偶然なのか意識的なのか、レネー・ゼルウィガーが出ている映画ばかり観ている。
・ザ・エージェント
・母の眠り
・恋は邪魔者
・コールドマウンテン


『ザ・エージェント』と『母の眠り』の頃のレネー嬢はまだ初々しくてかわいらしい感じ。
『恋は邪魔者』のときもラブ・コメらしくキュートで、歌とダンスがサイコーだ。
『コールドマウンテン』ではアカデミー助演女優賞を獲得しただけあって、主役のニコール・キッドマンがかすんでしまうほど、圧倒的な存在感ある演技で心を打った。
さすがだ、と唸ってしまったよ。
むか~~し観た『ブリジット・ジョーンズの日記』ではドーナツをいっぱい食べて体重を大幅に増やし、イギリス英語も完璧にマスター、“シングルトン”ブリジットになりきって好演。
翌年の『シカゴ』ではほっそりとした姿で登場。
役柄になりきるために体重を増やしたり減らしたり…なかなか根性のある女優さんだ(ロバート・デ・ニーロみたいだ)。

ちなみに日本語での表記は長年レニーとなっていたが、『シャーク・テイル』からレネーへと統一されたらしい。実際の発音もレネーである。

レネー嬢の離婚歴

b0093261_23214721.jpg私生活では億万長者のカントリー歌手・ケニー・チェズニーさんと結婚…しかしわずか5ヶ月足らずで離婚している。
レネー嬢は婚姻無効の申請書を提出したそうで、結婚の事実を抹消するものであるため、レネー嬢に離婚歴はつかないってことらしいが、それってなんだかなあ~~。
『シンデレラマン』で来日したときはだんな様のことを誉めていたような…気難しい面を兼ね備えた、一癖も二癖もある女優さんかもしれない。

[PR]
by fonda127 | 2006-09-24 23:31 | その人物の名は… ▲Top
  結婚おめでとう~~★  


b0093261_0322836.gif

今日友人miinyaちんとスペイン料理を食べにいった。
その席でmiinyaちんが結婚することを報告してくれた。
そろそろかなあ~とは思っていたけど、いやあ~~~うれしかったなあ。
ほっとしたといいますか…。
友達からの「結婚するよ」という言葉はホント、感動する。心に響くなあ。

心から、おめでとう!!!
[PR]
by fonda127 | 2006-09-23 00:48 | 日記 ▲Top
  クリスティン・デイヴィス  


b0093261_0273654.jpg

世界中の女性たちの絶大な支持を得たアメリカHBO局のドラマ“Sex and the City”で、保守的かつ結婚願望の強いシャーロット・ヨークを演じていたクリスティン・デイヴィス。
ドラマの進行とともに美しさにどんどん磨きをかけ、今では世界で最も美しい女性に選ばれた(英‘eve’誌で、女性読者4万人からの投票による結果)。
現在41歳。美しい40代だ。

b0093261_22581099.jpg


世界で最も美しい女性ランキング

1. クリスティン・デイヴィス
2. キャサリーン・ゼタ-ジョーンズ
3. ハル・ベリー
4. ニコール・キッドマン
5. シャリーズ・セロン
6. ケイト・ベッキンセール
7. ケイト・ウィンスレット
8. エヴァ・ロンゴリア
9. ジェニファー・アニストン
10. アンジェリーナ・ジョリー

このような結果だそうだ。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-22 00:50 | その人物の名は… ▲Top
  トスカーナの休日  


b0093261_2374770.jpg

ダイアン・レイン主演の映画『トスカーナの休日』。
まるで絵画のようなぬくもりある映像美を存分に味わえるのがこの映画。
イタリア・トスカーナ地方の美しい自然、飾らない人々との交流や、家族愛、そして新しい恋…離婚の痛手を負った主人公の『心の再生』を描くこの映画、心がかさついているときに、ふと観たくなる…私にとってはそんな映画だ。

フランシス(ダイアン・レイン)はアメリカ・サンフランシスコで暮らす作家。
離婚をしたばかりで落ち込むフランシスに友人パティ(サンドラ・オー)が“イタリア・トスカーナの旅”のチケットをプレゼントする。
「ありがたいけど、よすわ」と最初二の足を踏んでいたフランシスだが、過去を吹っ切りたい一心でトスカーナへの旅へ出発する。

冒頭のアメリカでのシーンは、ささくれたフランシスの心を映すかのように、味気ない街角や雑踏が登場する。
フランシスがなぜイタリア・トスカーナの美しさに魅せられたのかがわかる撮り方をしているようにも思う。

b0093261_231136.jpg

トスカーナに旅立ったフランシスは大きな大きな出会いを果たす。
“ブラマソーレ(太陽に焦がれる者)”という名を持つ築300年の家だ。
フランシスは思わず衝動買いをしてしまう。
こうしてトスカーナに強く魅せられたフランシスはイタリアへ移住することとなった。
築300年の荒れ果てた家との出会い、そして家の修復を手伝ってくれたあたたかいポーランド人たちとの交流、ユニークな隣人たち…どんどんトスカーナの地に溶け込んでゆくフランシスは、折れた羽根を元通りにするべく、自分の人生も立ち直らせていく。

b0093261_035632.jpg

もうひとりの主役である築300年の家“ブラマソーレ”。
フランシスとともにどんどん息を吹き返していくこの家がとってもステキ。
この家でフランシスがみんなにイタリア料理を振舞うシーンがとても好きだ。
トスカーナの明るい日差しの中、テーブルの上に並ぶ料理たちも、囲む人々も、本当にキラキラしている。
イタリア的スローなライフスタイルは、観ている私たちの心も癒してくれる。

「トスカーナの休日」
「トスカーナの休日」公式HP
[PR]
by fonda127 | 2006-09-21 00:28 | 映画 ▲Top
  シリア料理に舌鼓み  


b0093261_0223516.jpg

大阪に1泊した夜、マドンナのライブのあとにシリア料理を食べにいった。

サハラムーン
大阪市中央区東心斎橋1-4-28
06-6252-7889

エキゾチックな内装の店内に、ふかふかの絨毯が敷かれ、靴を脱いであがるスタイル。シリア人のオーナーはとても親切で、ライブの前にお店の下見に訪れたときも、快く準備中の店内にあがらせてくれて、なんとドリンクまで無料でごちそうになってしまった。
「サハラムーン」はKinKi Kidsの堂本剛くんも訪れたことのある、知る人ぞ知る隠れ家的なお店。金曜と土曜の夜はベリー・ダンサーのショーもあるらしい(私たちは日曜の夜だったので、ベリー・ダンスを見ることはできなかった)。

シリア料理というと香辛料たっぷりで辛そう、というイメージを抱いていたのだが、いやいや、辛さは控えめ、でも味は超絶品!!料理の繊細さを楽しむことができ、シリアの家庭料理を心ゆくまで堪能した。

b0093261_055484.jpg

[PR]
by fonda127 | 2006-09-20 01:03 | たまのおでかけ ▲Top
↑Top