体操遺伝子、おそるべし!娘リューキン&父リューキン。  

b0093261_1475773.jpg

体操ファンのわたくし。
4年に一度のオリンピック。女子個人総合を見逃すわけにはいかん!

金メダルはナスティア・リューキン、アメリカの選手です。
彼女のお父さんはワレリー・リューキンといい、旧ソ連時代にソウルオリンピックで鉄棒、団体総合の金メダリスト。

実はこっそりファンでした(こっそりせんでも)

リューキンの娘さんが金メダルを取るなんて・・・。
時の流れを感じずにはいられません。
そして娘リューキンの美しいこと・・・。

顔、お父さんに似なくてよかったね・・・。
(父リューキンの顔、好きですが)

きっと母リューキンに似たんでしょうね。
母リューキンだってすごい。新体操で1987年の世界選手権を制している。
父リューキン、どこで口説いたんだい?
しかもいつのまにかアメリカに住んでいたんだね。

これで男子、女子の団体と個人総合が終わってしまった。
淋しい・・・。
種目別はあんまり楽しみじゃない。
あとはどの競技を見ようかなあ。
[PR]
by fonda127 | 2008-08-16 02:01 | 日記 ▲Top
<< お遍路の旅
体操男子団体、銀メダル! >>
↑Top