「恋愛における禁句」 Sex and the City 2 第2話  

※第2話以降のレビューはこちらに続きます。



親しき仲にも禁句あり?

キャリーは身勝手な夫を持つ友人に離婚を勧める。だが後日、友人に離婚を勧めることがいかにリスキーなことかを痛感。サマンサは遂にジェームズのほにゃららが小さすぎると本人に言ってしまい破局。シャーロットは最高のパートナーは男ではなく犬だという結論に達し、子犬を飼う。ミランダは今までセックスの最中はしゃべらないものだと思っていたけど・・・。


b0093261_2210695.jpgなんとなくシーズン1っぽいエピです。
今回のテーマは「言ってはいけない禁句について」。

ミランダが今、親密につきあっている彼氏はベッドでダーティートークをするのが好きらしい。(ここでは書けませんが・・・)。それに対してミランダは「私も同じ気持ち」と言うのが精一杯。
ミランダは弁護士だ。
仕事でガンガンしゃべってるから、あのときくらいは黙っていたいらしい。
ここでシャーロットが助言。「あなたのは大きいって言ってあげれば?」
「男ってなにか元気出る言葉が聞きたいのよ」

ミランダは勇気をふりしぼって言ってみる。
「かたい・・・石みたい・・・ソーセージ」
「かたい・・・石みたい・・・ソーセージ」
一度口を開くと黙っているのが難しくなってしまったミランダ。彼は大喜び。

数日後、調子にのったミランダは新しいダーティーワードに挑戦。
「あなた、おしりに指入れられるのも大好きよね」
・・・すると彼の顔色が青ざめ、あっけなく破局。
わけがわからないミランダであった・・・。
ミランダ役のシンシア・ニクソンは「今までの撮影の中で一番気まずい撮影体験だったわ」と後に語っている。
この言葉はよくて、この言葉は言っちゃダメ。うーん、正直よくわからん。
どこでスイッチが入るか、どこでオフになるのか・・・。

b0093261_22161839.jpgb0093261_22164285.jpg
シャーロットは、とある完璧な殿方ヘンリーと同居を始めるって・・・。

犬やん・・・。

理想の男が見つかるまで理想の犬を飼う・・・って。
その発想がわからん。
シャーロットらしい、か。
でもこのヘンリーはかなりのバカ犬。かわいいemoticon-0152-heart.gif


b0093261_22305429.jpg最近セックスの回数が減ってきていることを気にしているサマンサの彼氏ジェームズはサマンサと一緒にカウンセリングへ。
この席でサマンサは遂に「あなたの×××が小さすぎるのよ!」と打ち明けてしまう。
放心状態のジェームズ。そりゃそうだ・・・。
結局ジ・エンド。
まあ、サマンサにとっては死活問題だったのだろう・・・(?)


b0093261_22343370.jpgb0093261_22345369.jpg

もうすぐキャリーの誕生日。
ビッグからサプライズプレゼントが届き、驚くキャリー。
バラの花1ダースとカード。
カードには「Best Wishes on Your Birthday」と書いてある。
「一見、意味深だけど、ものすごく自分勝手よね」とサマンサ。
お礼が言いたくなったキャリーはビッグに電話をしてしまい、自分の誕生パーティーにビッグを招待してしまう。

b0093261_22401822.jpgパーティーのあと、一緒に街を歩くふたり。
言葉少なめに別れる。
ビッグに言えなかったたったひとつの言葉。
「まだ忘れられないの」。

[PR]
by fonda127 | 2008-08-06 22:49 | セックスアンドザシティー ▲Top
<< マイケル・ジャクソン、マイケル...
ゴッドファーザー >>
↑Top