主婦、アイドリングストップはじめる。  


あまりにもガソリン代が高いので、
少しでも燃費をよくしようと、
「よし、長い信号待ちのときはエンジンを停止しよう」と、今日はじめて信号待ちのときにギアをパーキングに入れ、サイドブレーキをひき、エンジンを切りました。
(いわゆるアイドリングストップっていうやつですね)

ほんの5秒でも省エネ効果があるらしいですよ、奥さん。

これ、慣れるまでものすごいドキドキします。
今までだったらありえない場所でエンジンを切っているので、
いざエンジンを再始動させるときに、
ふだん自分が家の駐車場で発進させるときみたいにスムーズにいかず、
・ブレーキを踏んでいるか
・ギアはPに入っているか
・サイドブレーキはどうやって解除するんだっけ??
・・・とパニックになります(まあ、たぶん私だけかも)。

特に周りの交通量が多ければ多いほど、
自分が思っていたよりも早く信号が青に変わったとき、
「ど、どうやるんだっけ??」とパニック。

でも今日一日で慣れました。

エンジンを再始動させることにより、余計に燃費がかかってるんじゃないか?とも思ったのですが、
信号待ちでのアイドリングストップQ&A ←ここに「そんなことないんだぜ」と書いてあったので一安心。

エンジンを停止させることで、ものすごい静寂が訪れ、鳥のさえずりとか、歩行者の足音、歩行者信号の音・・・今まで気づかなかった音が流れこんできます。

※ドイツでは「アイドリングストップ専用」の信号が試験的に設置されているらしい。
[PR]
by fonda127 | 2008-06-23 16:09 | 日記 ▲Top
<< 「CSI:科学捜査班」、サラが...
もてもてですなあ、インディ博士 >>
↑Top