「女の魅力こそが武器」 Sex and the City 第5話  

限りなくプロに近い女性と本物のプロとの違いは?

キャリーはフランス人の建築家とデートする。一夜を過ごした翌朝、彼は1000ドルを残して帰ってしまい、キャリーは娼婦になった気分に・・・


b0093261_2222911.jpgb0093261_22222441.jpg
キャリーとサマンサが今話題のレストラン「バルザック」へ行くのだけど45分待ってもまだ席に案内されずにいる。
ぶっちぎれたサマンサは案内係に交渉にいくのだけど、取り合ってもらえず・・・。
「私たちが男だったらとっくに席につけただけじゃなく、お詫びのドリンクもついてきたわよ」とサマンサはイライラ。

b0093261_22343334.jpg「ミランダに完全に支配されている・・・」とキャリーに相談するスキッパー。
「いつもセックスするだけで部屋に泊めてくれないんだ」と嘆くスキッパーに「一度朝まで一緒に過ごしてみたら?セックス抜きで」とアドバイスするキャリー。
スキッパーは完全にミランダにのめりこんでいる。


b0093261_22391036.jpgb0093261_22392749.jpg
キャリーはインターナショナルなお祭り女アマリータに超イケメンを紹介される。
名前はジル。
建築家でフランス人。
その後、ロマンティックなデートをする。
「1日しかつきあっていない人とは寝ない・・・」と拒みつつも一夜をともにするキャリー。
このとき、キャリーはけっこう本気とみた。

b0093261_22445082.jpg翌朝ジルを見送ったあと、手紙を発見。
その中には1000ドルのキャッシュが!
自分が娼婦と間違われたことに呆然・・・。
「バラ色の恋がはじまるかと思ったのに・・・」
サマンサとミランダをそのホテルに呼んで、ルームサービスを食べながら嘆くキャリー。
サマンサは「お金はパワーよ。セックスもパワー。だからセックスでお金をもらうってことはパワーの交換ってことなのよ」とサマンサイズムを今回も発揮。
でもすかさずミランダが、
「エロ・フェミニストの言うこと聞いちゃダメよ」
とチクリ。

「Money is power, sex is power, money for sex is an exchange of power.」
「Don't listen to the dime store Camille Paglia.」



お相手殿堂入り いたしちゃった男たち一覧
キャリー
b0093261_23212100.jpgフランス人のイケメン建築家ジル。
ちょっぴり横山輝一似。
(失礼?どっちに?)

サマンサ、ミランダ、シャーロット特になし。

[PR]
by fonda127 | 2008-04-14 23:11 | セックスアンドザシティー ▲Top
<< キッチンに神はいるのか。
ファストフード・ファストウーマン >>
↑Top