「女は多面体」 デスパレートな妻たち 第4話  

リネットは双子に注意欠陥障害の薬を飲ませるべきかどうか悩む。フーバーさんはイーディの家の火事をネタに、スーザンを脅迫しようとする。カルロスはガブリエルの浮気を確信するが、殴る相手を間違えてしまう。レックスはモーテル住まいを始め、ブリーは反抗的な息子アンドリューにひとり手を焼く。


b0093261_14583971.jpgb0093261_1459058.jpgb0093261_14591343.jpg
イーディのセクシー洗車きたーーーーー!!
流している音楽もなんだかセクシー洗車にぴったりな曲。さすがだイーディ。
これには思わずマイクも庭仕事の手が止まる・・・。
この様子を見ていたスーザンはなんとか割り込もうとするが・・・。
スーザンのムスメ・ジュリーが「まちがって届いたマイク宛のDM、こういうときのためにとっておいたの」ときっかけを作ってくれる。
本当に・・・本当にジュリーはしっかりしたいい子に育っている。
なぜだ・・・・母親がスーザンなのに・・・・反面教師か・・・・・

見事に邪魔されたイーディはフーバーさんに毒を吐く。
「ホント、むかつく女!
あのスーザン・メイヤーの鹿みたいなでっかい目、見るたびいつも思うの。
鹿狩りに行きたいって」
確かに・・・スーザンは鹿に似て・・・いる(ゴクリ)さすがだイーディ。

b0093261_15115078.jpgb0093261_1512201.jpgb0093261_1512345.jpg
バン・デ・カンプ家ではブリーが「んん~んんん~♪」と鼻歌を歌いながらディナーの用意中。
大黒柱のレックスは出ていってしまった。
パパがいないことを不信に思う子どもたち。
ダニエルが「あの鼻歌は不安なときママが出すカラ元気」と察知。
意外にもダニエルって普段からママのことをちゃんと見てるんだな。
どこかの国王の晩餐会ですか?ってくらい豪華なディナーが食卓に・・・。
ブリーってある意味、わかりやすいお母さんなんだろうな。
これを見た子どもたちは「離婚の危機、確定ね」となにもかも悟る。

b0093261_1521078.jpgb0093261_15211468.jpg
イーディの家を燃やしたのはスーザンの仕業だと見抜いたフーバーさんはスーザンに次々と無理な要求をしだす。
「イーディの保険なかなか下りないの。保険が下りるのが先になればなるほどイーディはうちに長居するの。食べ放題、使い放題、お湯も好きなだけザーザー」
そうか・・・イーディは生活費をフーバーさんに払ってないわけだ。
フーバーさんは友達のよしみで泊めてあげてるけどフーバーさんにも金銭的に余裕があるわけじゃない。
たまってきた鬱憤を諸悪の根源スーザンにぶつけ、お金を巻き上げようとするフーバーさん。

b0093261_15272637.jpgなんとかせねばとスーザンはジュリーをフーバーさんちに忍びこませ、焼け跡で見つかったスーザンの計量カップを盗ませようとする。
「やぁーだもぉドジ」
・・・吹替がヒド・・・(以下自粛)


b0093261_1532035.jpgb0093261_15321629.jpgb0093261_15323070.jpg
この掃除用手袋、かわいい

家に帰ってこないアンドリューの部屋のドアを蹴り飛ばすブリー。
こういうときのブリー・エナジーははかりしれない。
アンドリューの部屋でストリップバーのマッチを発見。早速押しかけるブリー。
「部屋に入ったの!?」
「それだけじゃないわ。明日の朝はおそうじします」ぴしゃり
せっかくだから・・・とアンドリューの隣に座るブリー。
「グラスワインをお願い。シャルドネを」うふ

それにしても(ネタバレですが)アンドリューは実はゲイなわけで、
なのでストリップバーに友達と来ていた、というのは今から思えば不思議。
まだ模索中だったのか、アンドリュー。
[PR]
by fonda127 | 2008-04-07 15:45 | デスパレートな妻たち ▲Top
<< 「女子高生コンクリート詰め殺人...
「ファニーゲーム」リメイク、ど... >>
↑Top