「ほっ」と。キャンペーン
  「ガラスの理想」 デスパレートな妻たち 第3話  

みんなはメアリー・アリスが計画していたディナー・パーティーを、彼女を偲ぶ会として決行することにし、相変わらず結婚生活に悩むブリーがホスト役を買って出る。スーザンは別れた夫カールとその恋人ブランディに向かって、積もり積もった怒りを爆発させる。ガブリエルは近所に引っ越してきた少女にジョンとのキスを目撃され、口止めに自転車を買うハメに。リネットはトムに専業主婦の苦労をわかってもらおうと必死だ。


b0093261_15571883.jpgウィステリア通りの平和な朝。
みんなが新聞のどの欄を読んでいるか、メアリーアリスが語る。
リネットはビジネス欄。ブリーはインテリア。ガブリエルはファッション。スーザンは第一面を走り読み。
これだけで4人の特徴がわかる。イーディだったらどこかなあ。
ブリーんちってキッチンのスミに「軽めのお食事用」コーナーがある。

b0093261_1635656.jpg食事会をすることになりブリーがホスト役を買ってでる。
「実はみんなに披露したくてたまらない食器があるの」
「“子羊の蒸し煮”を作るわ」(うふ)
「それでも行く」って・・・リネットったら
←この服、ステッチがかわいい。

b0093261_1692291.jpg仕事にいくレックスのお弁当を用意しているブリー。
あ・・あのお、ピクニックにでも行くんですか?ってくらいものすごい重そうなランチボックス。
アメリカのお母さんってピーナッツバターサンドとバナナを紙袋(茶色の)に入れて持たせてるイメージがあるんだけど、ブリー・バン・デ・カンプは絶対そんなの持たせないんだろうな・・・。

b0093261_16155235.jpgb0093261_16161044.jpg
カール(スーザンの元ダンナ)の恋人ブランディはちょっぴりシャラポワ似。
スーザンもスーザンだけど、ブランディ、元奥さんの目の前のゴミ箱めがけて空き缶放り投げるなよ。しかもはずしてるし。

素っ裸でカニ歩きする伝説のスーザン。
テリー・ハッチャー、手足長っ!!

b0093261_16221366.jpgブリーんちの食事会。
カルロスが一生懸命(?)レックスと世間話をしてる・・・。
カルロスってあんまりご近所さんとの交流がなさそうに見えたからちょっと笑える。
カルロスったらレックスの世間話を掘り下げすぎ。おかげで結婚カウンセラー通いがバレちゃった!!

b0093261_16255285.jpgb0093261_1626652.jpg
それを聞いてたブリーは思わずお料理を落っことす。
これなんだろう?きゅうりの上にサワークリーム??
怒り心頭のブリー。
でもすぐに居直って、にっこり。
「みなさん席におつきになって。食事にしましょう」(うふ)
怖い・・・怖いよ、ブリー・バン・デ・カンプ。

b0093261_16301767.jpg気まずい食事会がスタート。
でもみんなが一生懸命自分たちの赤っ恥体験を披露し、和やかなムードに。
だが・・・しかし。
「うちの主人は果てたあと泣くの」
怖い・・・怖いよ、ブリー・バン・デ・カンプ。
せっかくレックスもちょっぴり和やかムードだったのに、ブリーのこの一言で食事会真っ最中に家飛び出しちゃったよ。

それにしてもバン・デ・カンプ夫妻の不仲を、食事会にも出てなくて、普段家にもあまりいないトムが見抜いていたとは・・・。

b0093261_16374114.jpgb0093261_16375733.jpg
・・・というわけで、家を出てモーテル暮らしをすることになったレックス。
ブリー、荷造りしとるし・・・

「水着も入れておくわ。泳ぐとリラックスできるから」(うふ)
・・・と、くるくるっと水着を収納するブリー。
でもさすがにレックスが出ていくときはたまらず、
「私たち理想のカップルだって思われてた。それがどうしてこうなるの?」
その問いにレックスは、
「キミが荷造りすらさせないからだ」とぴしゃり。
呆然とするブリー。

でも、しわができてしまったシーツを整えずにいられないブリーなのでした。

※ブリーの話ばかりでスミマセン・・・
[PR]
by fonda127 | 2008-03-25 16:50 | デスパレートな妻たち ▲Top
<< 「カイル・マクラクランの時代」...
インランド・エンパイア >>
↑Top