見る勇気がどーーうしても出ない映画  

今までさまざまなグロ・ゴア映画を見てきましたが・・・

三池崇史監督の、

「オーディション」「インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~」は、見る勇気が出ません・・・。

ディスカスのぽちっとボタンが押せません(「オーディション」はディスカスにないけど)。

この映画を、
「時計じかけのオレンジ」のアレックスのように両目まぶたガッチリオープンにされて目薬さされながら見ろと言われたら、もうそれはそれはステキな拷問です。

あと「ギニーピッグ」シリーズも激しく無理です。

日本映画の残酷描写って容赦ないと思います。
上記の映画全部見た人、尊敬します・・・本当に尊敬します。
[PR]
by fonda127 | 2008-03-18 20:54 | 映画(ホラー・ゾンビ) ▲Top
<< ハッシュドポテト作り
「一通の手紙」 デスパレートな... >>
↑Top