俺たちフィギュアスケーター  

b0093261_2059537.jpg

ウィル・フェレル、史上最強のアニマル。

もう笑いすぎて横隔膜が痛いです。
ウィル・フェレルは「自分たちは動物なんだ・・・」ということを改めて伝えてくれる伝道師かもしれない。
ウィル・フェレルのムチムチしただらしないカラダから漂う体臭を感じることのできる映画。
ペアを組むナポレオンダイナマイト・・・じゃなくてジョン・ヘダーくんがKAT-TUNの田口くんに見えてしまった・・・カッコイイんです。王子様です。
「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」です。

ふたりのクラシカルな髪型とかツボですよツボ。
ウィル・フェレルの長髪・・・・なんだか似合う・・・クセになる。
ウィル・フェレルのキャラが「エロ腰使いのプロ」だったり「セックス依存症」でカウンセリング受けてたり、口から出てくる言葉の90%はお下劣ワードだったり、動物キャラ炸裂で本当に濃い・・・。

あとなんといっても北朝鮮がらみのアノシーンは度肝抜かれました。ブラックだわあ。
きったないトイレも出てきます。

(でもジョン・ヘダーくんの追っかけがエンドロールのところで出てくるのですが、コレ余分。全然笑えない。)

フィギュアスケートのお話ということで有名なフィギュアスケートの選手がたくさん出てます。
ナンシー・ケリガンとかミシェル・クワンとか・・・。
カタリーナ・ビットが出てこなかったことが残念ですが・・・(出ないって)。

悪役もわかりやすい悪役で楽しめました。ケネディ大統領とマリリン・モンローのダンス、フルで見たかったなあ。
もう~とにかくウィル・フェレルの体臭という名のフェロモンを心ゆくまで感じてみたいそこのアナタ、最前列でどうぞ!

「俺たちフィギュアスケーター」公式HP
[PR]
by fonda127 | 2008-02-22 22:07 | 映画 ▲Top
<< エド・ゲイン
涙が止まらなくなりました・・・ >>
↑Top