プラトーン  

b0093261_23414952.jpg

バレンタインデイが暮れていきますね。
そんなバレンタインデイの夜にひとり膝を抱えながら「プラトーン」なんて見ちゃってる三十路乙女でございます。

いいんです・・・。
ウィレム・デフォーさまに会えるなら・・・

この映画を最初に見たのが十数年前(公開は1986年)。
この胸の高鳴りは今でも止まりません。
デフォーさま演じてたエライアスは、小学校のクラスにひとりはいそうな勇敢な男の子のよう。
ノースリーブのたくましい腕、やんちゃなバンダナ姿・・・。
(チャーリー・シーンもバンダナしてましたが、右から左に私の中を素通りしました。)

トム・べレンジャー演ずるバーンズ軍曹とデフォーさまのエライアス軍曹は犬猿の仲でございまして、ネタバレですがバーンズ軍曹がどさくさにまぎれてエライアスを撃ち、その後置き去りにしてしまうんですね。
チャーリー・シーンがヘリコプターの上空から、
「エライアスがまだいる!!」と叫ぶんです。
逃げ惑うデフォーさま。
蜂の巣にされるデフォーさま。
共に戦ってきたアメリカ兵たちに置き去りにされてしまう・・・。このせつなさ・・ったら。

憎きトム・べレンジャー・・・。

いまだにトム・べレンジャーが映画に出ているとつい悪態をついてしまうのは、この映画が原因です。

まあ、チャーリー・シーンがその後キッチリ敵をとってくれるのですが・・・。でもな~しょせんチャーリーだもんな~~~・・・ぶつぶつ。

この「プラトーン」。当時は無名俳優だったスターたちがたくさん出てます。
昨年アカデミー主演男優賞とったフォレスト・ウィテカー(あんまり変わってないです)、
今や大スター、パイレーツなジョニー・デップ。
「ザ・ロック」の「金で雇われた時点で傭兵になった」発言がりりしかったトニー・トッドだって出てます。

この映画を見てた当時の世界中の女子たちは、まるで映画のように、
ウィレム・デフォーさま派か、
トム・べレンジャー派か、
分かれたような気がします。
チャーリー・シーンなんてきっとどうでもいいのです。(たぶん)

若かりし頃のトム・べレンジャー、なかなかカッコイイですし(顔の傷とか卑怯です)。
ま、私は120%デフォーさま派ですが・・・。

「プラトーン」
[PR]
by fonda127 | 2008-02-15 00:40 | 映画 ▲Top
<< 新しいフライパンは主婦に金棒
蜘蛛女 >>
↑Top