日の名残り  

b0093261_1318697.jpg

雪がしんしんと降り積もる中、しっかり風邪をひき、
加湿器がひゅんひゅん音をたてる中、「日の名残り」を鑑賞。

我が家にはなぜか「日の名残り」のDVDがありました。
オットマン氏のベストセレクションのようです。
オットマン氏は無類の執事好き
あと、司祭も好きらしい・・・。

「日の名残り」はずいぶん前に見たことがありまして、今回再鑑賞なのですが、
いいですね。
歳を重ねれば重ねるほど、この映画の核に手が届くようです。

アンソニー・ホプキンス演じる、「すべての感情に蓋をして職務に全身全霊を捧げる」執事。
そのホプキンス執事に恋心を抱き、なんとか彼の心を開かせようとやきもきする女中頭にエマ・トンプソン。

アンソニー・ホプキンスにエマ・トンプソン・・・。
最強・・・。

「ハワーズ・エンド」でも共演してましたね。
イギリスが世界に誇る超実力派俳優による最強タッグです。

本当はホプキンス執事だってエマのことを心の底では愛しているのです。
しかしエマがどれほどモーションを仕掛けてきてもひたすら無視。
「仕事がありますので」
「今日は疲れました」
「来客も多いことですし忙しいので」
・・・自分の気持ちはいっさい口にせず、ひたすらその場をとりつくろう逃げの言葉ばかり。

しびれをきらしたエマは他の男性からプロポーズされたと打ち明けます。
「おめでとうございます」
・・・以上。

絶望して号泣するエマに、ホプキンス執事は何を言うのかと思いきや
「朝食用のテーブルに埃がたまっていたから注意してください」
・・・以上。


・・・なんやねん。


奥ゆかしいにもほどがあるぞ、ホプキンス執事!
そしてホプキンス執事は自分のあやまちに気づくのです。

・・・20年後に。

そしてエマに会いにいくのですが・・・。

ホプキンス執事が自室で本を読んでいて、どんな本を読んでいるのか気になったエマが彼につめよるシーンがあります。
「ひょっとしてショッキングな本なの?」
「教えてくれたっていいじゃない」
「私を傷つけまいとしているの?」
・・・ふたりは互いの息がかかりあうくらい急接近。

ホプキンス執事、ガバっといっちゃいなYO!

・・・そんなこと死んでもできない超イノセンス男、ホプキンス。ドキドキするシーンです。

「日の名残り」
[PR]
by fonda127 | 2008-02-09 14:19 | 映画 ▲Top
<< 携帯より
消えた天使 >>
↑Top