ヒッチャー(1985)  

b0093261_13455041.jpg
「よれよれコートでカモンベイビー・・・」

念願だった「ヒッチャー(1985)」を見ることができました!!!
貴重なDVDを貸してくださったそこのアナタさま・・・ありがとうございました040.gif040.gif040.gif
上のパッケージ、「NEVER PICK UP A STRANGER」って書いてありますね。
本当にその通り・・・。
私も旅でアメリカ中をかけずり回りましたが、ヒッチハイカーを乗せるなんて言語道断劇場です。

■あらすじ■
雷雨がすごい夜のハイウェイ。車を陸送中の少年ジムくんは、乾いた砂漠のど真ん中でひとりのヒッチハイカーを拾う。だが車が走り出すと、男はおもむろにナイフを取り出して・・・

ジョン・ライダー(ルトガー・ハウアー)、カッコイイですなあ・・・
クリストファー・ウォーケンとか若い頃のジグソウ(「SAW」の)みたい。
少年ジムくん(C・トーマス・ハウエル)が謎のヒッチハイカー:ジョン・ライダーを乗せてしまったところから物語はスタート。
ヒッチハイカーはおもむろに「さっき乗せてくれたヤツはバラバラにしちゃった(てへ)053.gif」と和尚さんの照れ笑いをしはじめました。
こりゃいかん!となんとかヒッチハイカーを強制退去させることに成功したジムくんですが、その後も執拗に追いかけられます。
そして物語は途中から、
ヒッチハイカーとジム少年の「ある愛の物語」へとゆるやかに・・・・ではないのですが、ヒッチハイカーは自分を殺してくれる相手を求めさまよう究極のM男もしくは殺されフェチであるように思うので、そこへねぎをしょってやってきたちょっぴり果敢なジム少年に白羽の矢をたてたのでしょうね。
助手席から強制退去させられた時点で「くぅぅ~~~しびれる・・・053.gif」とロマンティックが止まらなくなり、そこからは怒涛の追いかけっこです。

追いかけられるジムくんは本当にフツーのおにいちゃん(嘔吐の回数はちょっぴり多め)。
ヒッチハイカーが警察につかまったとき、ジムくんに熱く手をにぎりしめられたあとツバを吐きかけられます。そのツバを慈しむようにねちょねちょと・・・・くぉぉぉ~~ヘンタイ。
あとヘリの撃沈シーンなんて、ヒッチハイカーからジムくんへのラブコール、究極の愛のかたちですよね?(ちがう?)

あと忘れちゃいけないジェニファー・ジェイソン・リー。
左右の髪の長さがちがう80年代ウエイトレス。
ああ、あのときバスの中から降りてこなきゃよかったのに・・・。
全然知らないけど、なんやジェニファー・ジェイソン・リーがひどい目にあうらしいなあ・・・という予備知識を持っていたのですが、せいぜい喉もとを搔き切られるくらいかな~~えへへ~と思っていたら・・・。
まさかここまで・・・
アメリカでは完全ノーカットでこのシーンを収録したバージョンがあるとか・・・ごくり

ラストの「エンジンがかからない」+「とどめを刺さずにつんつん行為のちムックリ」
そしてよみがえったヒッチハイカーにジムくん愛の弾丸・・・

夕日をバックにがっくしうなだれるジムくんのシルエット・・・おしまい

このあとジムくんはどんな人生をおくっていくのだろう・・・


おもしろかったなあ~~たまに緊張感に耐えられなくなってうろうろしたりしてました(いつものことですが)。
あまりくわしくないのですがリメイクされてるんですよね?(しかもマイケル・ベイ?)
マイケル・ベイさんっていつも名作に・・・・・・げふんげふん

あ!もうひとつだけ言わせてください。
フライドポテトの中に指・・・

「ヒッチャー(1985)」
[PR]
by fonda127 | 2008-01-10 15:05 | 映画(ホラー・ゾンビ) ▲Top
<< ボン・ジョヴィライブに行ってき...
映画雑誌「スクリーン」における... >>
↑Top