まだ晩ごはんのお米を研いでいないアナタへ・・・  


b0093261_1452717.jpg「家事場のバカぢから」という家事指南書(?)を図書館で借りてきた。
「心が楽になる掃除・洗濯・収納・料理」をテーマに3人の働くママさん主婦が自己流の家事術を披露しているのだけど、この3人のひとり由井卯月さんがスゴイ!!



33歳、1児の母。フルタイムで勤務。馬車馬のように働くので通称「馬子」。
家事も育児も仕事も死にものぐるいの完璧主義。

●かつて磨きすぎた床ですべって後頭部を強打し、CTスキャンを撮る。
●AM8時に家事完了。出勤までの1時間はリビングで読書をする。
●夕食後は毎日ムスメのピアノの練習に2時間つきあう。
●夜はだんなさまとワイングラスを傾ける。

馬子は独自の「家事ルール」を100個くらい持っている。

《掃除編》
その極意は「ついで掃除」。
魅惑のセットプレイはこちら
「見送り+ドア磨き動作」・・・子供の登校を見送るときにドアの取っ手や内側の新聞受けを拭く。

「ドラマ+オーディオまわりふき取り動作」・・・お気に入りのドラマを見るときだけテレビやビデオデッキ、リモコンを拭く。ニュースやバラエティ番組のときはしない。

「外出+ワックスがけ」・・・週末に家族で外出する直前に床のワックスがけをする。帰宅時には乾いてピッカピカ。

《料理編》
馬子はお休みの土日に1週間分の献立をすべて考え、下ごしらえを全部やってしまう。
調理に要する時間を「下ごしらえ」と「仕上げ」に分解して、日々の生活から「下ごしらえ」の部分を抜き取り、ひとつにまとめて、ゆとりのある週末に持ってきてしまうというのだ。
つまり1週間分の食材、野菜とかを1回でまとめて切ってしまうということ。


・・・などなど、「働くお母さん」必見のアイデア満載のこの本。オススメですよん♪
働いてもいないし、お母さんでもないワタシが読んでも、「終わりなき家事」を楽しむ術が満載でとにかくおもしろい!!!

「あなたはひとりじゃない」

と、働くお母さんを勇気づけてくれるのだ。
[PR]
by fonda127 | 2007-08-27 08:31 | 日記 ▲Top
<< 「だんだんおかしくなるサザエさ...
サワークリームとキッチンの神様 >>
↑Top