ダイ・ハード  


こないだテレビで放送してた。いやああ~~~懐かしい!!もう何度も観たから展開を憶えているのだけど、何回観てもおもしろい!!
ダイ・ハードの「日曜洋画劇場吹替版」はもう何度も聞いているので骨の髄まで染み付いている。
ジョン・マクレーンが野沢那智、ホリー・マクレーンが弥永和子、ハンス・グルーバーが有川博、アル・パウエル巡査部長が坂口芳貞・・・・
「ダイ・ハード」シリーズは吹替版がキレイに3バージョンずつあって、ジョン・マクレーンを「野沢那智、村野武範、樋浦 勉」が吹替している。
樋浦 勉もいいのだけど、やっぱり野沢那智がウマイな~と思ってしまう。
あの鼻水ずびずばとすすりながらぼやくマクレーン・・・うまい!!


今回は自分が好きなシーンを集めてみた。

b0093261_22173162.jpgb0093261_22174262.jpg


チェーンソー(!)でなにやら電話線?を切断しようとするカール。
このカール役のアレグザンダー・ゴドノフ、実はバレエダンサー。しかし95年、45歳で他界している。
カールの声は玄田哲章。
右側のカールの弟トニーが「まだ待って!!」と言っているのに、勝手にチェーンソーでぐいんぐいん。
なんとか間一髪間に合って弟トニーさんは「ほっ」


b0093261_22262524.jpgタカギ社長が金庫室の暗証コードを吐くか吐かないか、賭けをしていたカールと唯一の黒人テロリスト・セオ。
タカギ社長は結局何も言わず射殺される。
賭けはセオの勝ち。50ドル札をしぶしぶ渡すカール。



b0093261_2233451.jpgb0093261_22331711.jpg


カールの弟トニーはマクレーンと格闘し、殺されてしまう。
トレーナーに書かれた「HO-HO-HO」が笑えます・・・。

弟の死を知り、怒り狂うおにいちゃん。
この金髪カールは気が短くキレやすいタイプ。
「ヤツは俺がヤる!」

b0093261_22375449.jpgマクレーンが必死に警察を呼ぼうとするのだけど、聞いちゃあくれないおねえちゃんたち。
「何度も言っていますが、これは緊急非常チャンネルです」
「だから緊急だって言ってんだろ!ピザを頼んでるんじゃない!!」
「電波法違反で告発されることになりますよ」
うんざりなおねえちゃん。
こっちがうんざり。




b0093261_22435497.jpgb0093261_2244978.jpg

                            「こんばんは・・・」




b0093261_2246283.jpg「ドカーンと一発燃えてみようよ~~~♪」

当時「ニュースステーション」で“プロ野球、1分勝負”みたいなのがあって、そのとき流れていた曲が真心ブラザーズの「どか~~ん」。
その流れかな・・・とも思う。
テレビ朝日だしね。




b0093261_22504827.jpgb0093261_2251324.jpg

まるで役立たずのバカふたり。
左がロサンゼルス市警副本部長のロビンソン。
マクレーンに「おうちに帰んな!ここはアンタには無理だ」と言われてしまう。
まーーーったくマクレーンを信用しないロビンソンは特殊部隊を突入させ、大失敗。
指揮権をFBIにもっていかれてしまう。
そのFBIが右側のジョンソン特別捜査官。
ベトナム戦争の帰還兵らしく、ヘリコプターに乗っているとき大はしゃぎ。
そのヘリコプターが墜落、炎上・・・・
b0093261_22562068.jpg「代わりのFBIを呼ばなきゃな・・・・・」(ロビンソン、ちょっとうれしそう・・・・)




b0093261_22583456.jpgb0093261_22585066.jpg


ハンスが、ハンスが落ちてゆく・・・・・
ハンス・グルーバー役のアラン・リックマン、カッコイイですねえ。
ハンスのお兄さんで「ダイ・ハード3」に登場するサイモン・グルーバー(ジェレミー・アイアンズ)もスキ。
ステキなブラザーY
ハンスが弟なのだけど、実際はアラン・リックマンのほうがジェレミー・アイアンズより年上らしい。



b0093261_23442.jpgとにかくお騒がせテレビレポーター。
この人見ると、デーブ・スペクターをいつも思い出す。




「ダイ・ハード」はどのシーン、どのセリフもほとんどが伏線になっている。
例えば、ホリーがジョンにうんざりしたとき、そっとジョンと映っている写真立てを伏せたり、
ホリーが旧姓で働いていたり、
地下のガレージでリムジン運転手のアーガイルが待っていたり、
ホリーの家の家政婦がヒスパニック(おそらく不法滞在)だったり、
ホリーの会社での功績をたたえ贈られたロレックス・・・最後はハンスとともにさようなら・・・だったり、
書きだすときりがないくらい、すべての行動・言葉に意味がある。

本当に、本当に、アクション映画の「傑作」だ。
今までになかったヒーロー像・・・愚痴をぶちぶちこぼしながらも孤立無援の中ひとり戦うダメヒーロー、でもとっても強いぞ「ジョン・マクレーン」・・・この際立った「キャラ作り」が広く世界で受け入れられたのだと思う。
ちなみに「ダイ・ハード2」も大好きである。レニー・ハーリン監督だし。

「ダイ・ハード」
[PR]
by fonda127 | 2007-06-25 23:28 | 映画 ▲Top
<< ここ最近観た映画リスト
大切なみなさまへ・・・・ >>
↑Top