THE STREET SLIDERS(ザ・ストリート・スライダーズ)  


b0093261_16411684.jpg私が中学生の頃、「バンドブーム」というロックバンドの一大ムーブメントがやってきた。
みなさん、こぞって髪を立て、エレキギターをかき鳴らしていた懐かしいあの頃(遠い目)。
当時私に最も影響を与えたバンドは3つ…

「BOØWY」
「UP-BEAT」
「GRASS VALLEY」


本当に本当に私の青春でした…(ますます遠い目)


で、本題、ザ・ストリート・スライダーズ

メンバー
HARRY :Vocal/Guitar…本名村越弘明
蘭丸 :Guiter/Chorus…本名土屋公平
JAMES :Bass/Guitar…本名市川洋二
ZUZU :Drums…本名鈴木将雄
私はスライダーズのことは実はよく知らないのだが、当時のバンドブームの頃、彼らの存在位置が私にとってすごくいい意味で不気味だったのだ。
バンドブームという「潮流」の中でさまざまなロックバンドたちがもてはやされていた中、スライダーズだけが「別格」だった。ブームに流されず、わが道を突き進んでいたその姿は、スライダーズの音楽をなんにも知らない私…なんにも知らないくせに…「カッコイイな~」とひそかに思っていた。すごく近寄りがたく、寡黙で、クール…そんな存在。お気軽に手を出せる音楽ではないような気がしたのだ。本当かどうかわからないのだけど、彼らのライブは「MCがいっさいない」というではないか。「ただ、聴け」というスタイルなのか…うーん、カッコイイ。

そんなスライダーズも2000年、日本武道館でのライブを最後に解散している。

唯一私がよく聴いていたアルバム「NASTY CHILDREN」の中の「パノラマ」という曲、今でも大好きな1曲。
私の中では「別格」という位置を譲らないスライダーズが奏でる静かなスローナンバーは、今でも本当に近寄りがたく、最高にクールだ。
[PR]
by fonda127 | 2007-04-16 16:52 | 音楽 ▲Top
<< おかんとワタシと、ときどき康雄
「悪魔のいけにえ」…予約だけで... >>
↑Top