沢村一樹…その光とエロ??  


b0093261_937355.jpg訳あって、沢村一樹さん、登場なんです…


以下、Wikipediaより抜粋…

ドラマからは想像がつかないが、非常にエロ好きでそのキャラクターはバラエティ番組で遺憾無く発揮されている。

子供の頃のニックネームはエロスだった。

「妄想によって、服を着た女性の裸体をも見ることができる。」と、テレ東の年末特番で語っていた。

自身のエロが嵩じて、粘土で女体像を作るなどエロっぷりを発揮している。

『行列のできる法律相談所』では、女性の胸のどこに一番こだわるかという質問にと答え、島田紳助、東野幸治らから「エロ男爵」と呼ばれた。

「エロ男爵」と呼ばれた事について、後に『王様のブランチ』にて爵位が低いと不満を漏らしていた。

『王様のブランチ』で、休日の過ごし方は?の質問に裸(ら)と回答。

『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』でオーラのカルテを作成してもらっている際江原啓之から「前世で父親からベルトによる体罰を受けていたのが見えます」と通告された際「(SM)プレイじゃないですよね?」と発言。これには江原はもちろん、国分太一・美輪明宏も大爆笑。


『オリキュン』でレギュラーのオリエンタルラジオが交互に出演する妄想胸キュンドラマを見ていたが中田敦彦が出演した2度目の妄想ドラマを見てダメだしした後僕なら…と述べたあと、後ろを向いて穿いていたジーパンのベルトを緩めかけた。これには中田はもちろん、相方の藤森慎吾も「やめて!」と必死で静止。

丸山タケシは、沢村が史上初の“下ネタ”で上り調子の俳優であると評しており、『李香蘭』の川喜多長政に扮した「エロ魂でもってにじり寄るシーン」での「演技において、今、もっとも説得力のある、下ネタ好きの美形俳優」と絶賛している。



ネタ”でり調子の俳優って…
ウマイな~

すごいな~沢村一樹…
見た目、スーーっと端正な顔立ちの2枚目なのに…
こんなキャラが確立されてたんだ…
しかも「作ったキャラ」じゃなくって本気(マジ)っぽいもんな~~
しかも若干周りがひきそうな…キャラ
いやいや、でもこれからもガンバレエロ男爵!!

※ちなみに男爵とは、爵位のひとつで、古代中国、近代日本、イギリスなどでは五等爵の第5位にあたるらしい…

順番は公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵

目指せ!エロ公爵!!
[PR]
by fonda127 | 2007-04-15 09:45 | その人物の名は… ▲Top
<< 「悪魔のいけにえ」…予約だけで...
三十路ツマの枯れた物欲… >>
↑Top