どうしても眠ってしまう映画たちへ  


私には、何度観ても、何度チャレンジしても、どーーーうしても眠ってしまう映画が2本ある。

それは…

「ライムライト」


「ブレードランナー」


である。

わかってる…わかってます…2作品とも「不朽の名作」であることは。だからこそ何度もチャレンジするのである。
レンタル屋さんの店員さんは

「あのお客さん、よっぽどこの映画が好きなのね」

と、言っているかもしれない。
過去の私のレンタル履歴をコンピューターではじき出そうものなら(いろんな意味で、「やめてくれ~~」)、

「そんなに好きならDVD買えばいいじゃん」

と、吐き捨てられるかもしれない。

もしうちの近所でこの2本の映画のどちらかにちなんだ殺人事件が起きようものなら、まっさきにそのレンタル屋の履歴から、私が疑われるかもしれない(深読みしすぎ)。

本当に最後まで観れた試しがない。
この2本の映画が放つ周波数と私の脳波が抜群のハーモニーを奏で、心地よい眠りの世界へいざなっている…という国家レベルの陰謀を感じる(←アホ)
[PR]
by fonda127 | 2007-02-17 00:37 | 映画 ▲Top
<< オットマンの異動劇場
魔のXデイ >>
↑Top