「工場長」という名の悲哀  


私が最も「哀愁」を感じる言葉、それは…

「工場長」

上(上司)からは、工程ラインの見直し、そして「結果」「成果」をあげることを要求され、
下(部下)からは、ノルマのきつさや労働時間の過酷さを訴えられる。

そう、「ザッツ・中間管理職」

もちろん作業着が必須アイテム。
その悲哀は、作業着のくすみ具合と比例する。

イメージがピッタリな俳優さんは、

b0093261_22312514.jpg
平泉 成さん


今、大人気のドラマ「華麗なる一族」では、平泉成さんの作業着姿を見ることができ、その姿につい、目頭が熱くなる。
[PR]
by fonda127 | 2007-01-24 00:11 | 好きなコト・モノ ▲Top
<< 映画を観ていて思う不思議なこと。
おフランス語講座 >>
↑Top