『New Year's Day』…U2  


b0093261_2253743.jpg

通勤中の車の中はよくラジオを聴いている。
たまたまU2特集をやっていて、流れてきた曲「New Year's Day」…1983年、3枚目のアルバム『WAR』に収録されているこの曲、とにかく昔から大・大・大好きで、久しぶりに聴いたら心にガツンときた。
音楽のパワーってこういう瞬間、計り知れない威力を発揮する。
私はU2はそれほど詳しくないのだが、この曲は本当に心から好きだ。
年が明けた瞬間に聴けたら最高だな。
「New Year's Day」とはいうものの、明るさからはほど遠く、なんともいえない陰りや争い…曲全体を包む空気は限りなく陰鬱だ。

"And I want to be with you, Be with you night and day." "I will be with you again."のリフレインがせつない…。

今こそ黄金の時代だと
ぼくたちはさんざん聞かされて来た
その黄金に目がくらんで
人々は戦争を繰り返さずにはいられないのだ
ぼくはといえばきみと一緒にいたいだけ
夜も昼も一緒にいたいんだ
新年の日
すべてはいつもと同じ
『U2詩集』より

心に突き刺さる詩とメロディ。
暗い空の下、叫び出したい衝動や、心に秘めた覚悟、寒い冬の朝に歩き出す勇気を与えてくれる、最高で究極の1曲。


「U2 VERTIGO//2006 TOUR」が11月29日(水)、30日(木)、12月4日(月)…さいたまスーパーアリーナで開催。
[PR]
by fonda127 | 2006-11-29 00:05 | 音楽 ▲Top
<< Cry for the Moon
エコノミーの機内にて…。 >>
↑Top