あれから20年…夢の祭典、ソウル・オリンピック  


b0093261_2343833.jpg1988年、ソウルオリンピック・・・このとき若干中学2年生の私。
部活動でバレーボールをしていた私は、スポーツ競技のおもしろさを知り、そしてこの年に開催されたソウルオリンピック。
毎日毎日テレビにかじりついて観戦していた。


b0093261_23432345.jpgまず大好きだったのは体操だ。
女子の個人総合、ルーマニアのシリバシュとソ連のシュシュノワの女王争い・・・自由演技最後の跳馬…ここまで0.05差でシリバシュがリード。
シュシュノワが後を追う形となる。
この展開がドラマチックで、まさに会場は固唾をのんで見守っていた。
ラスト、シリバシュがほんの少し空中で足を開いてしまったために、シュシュノワの逆転優勝。
その差は0.025だった。


b0093261_23433969.jpgソウルオリンピックの顔となった男子100M背泳ぎ金メダリスト、鈴木大地・・・当初予想では世界記録保持者のバーコフが有力視されていた。
決勝戦、賭けに出た鈴木大地はバサロキックをいつもの21回から27回に増やし、少しでも潜水時間を増やすことによってバーコフに追いつこうと試みた。
結果は鈴木大地の逆転優勝。
55秒05…タッチの差と鈴木のチャレンジ精神でつかんだ金メダルだった。
ああ、感動…。


b0093261_2344094.jpg「筋肉のかたまり」と紹介されたベン・ジョンソン・・・9秒79の世界記録で男子100Mの頂点を極めた男は、翌朝にはドーピング検査でテストステロンの陽性反応により金メダル剥奪。
幻の9秒79と化したのだった。

セルゲイ・ブブカにフローレンス・ジョイナー、マット・ビオンディにクリスティン・オットー…たくさんの素晴らしい選手たちが今でも記憶に残っている。
私にとっては当時、夢のようなスポーツの祭典だった。
次のオリンピックは2008年の北京だ。
ソウルオリンピックからちょうど20年…もう20年も経ったなんてオソロシイ…またあれほど熱中してオリンピックを観戦できるといいのだけど…。
[PR]
by fonda127 | 2006-09-05 00:07 | 好きなコト・モノ ▲Top
<< シャイニング
スライディング・ドア >>
↑Top