「ほっ」と。キャンペーン
  中山美穂が中山美穂だった頃  


b0093261_2352623.jpg昔、中山美穂がとっても好きだった私。
好きだったのは初期~シングル「Virgin Eyes」くらいまで。
今のミポリンも好きだけど、やっぱり80年代くらいのミポリンのあの突き刺すようなオーラが他のアイドルにはない異質な光を放ってて、とーーーっても良かった。
ちなみに写真はドラマ『セーラー服反逆同盟』より(このドラマ知ってる人、少ないだろうな~)。
当時ミポリンが出てるドラマは全部見てた。
『ママはアイドル』『な・ま・い・き・盛り』『おヒマならきてよね』『すてきな片思い』『君の瞳に恋してる』『卒業』などなど。
歌もとーーーっても好きで、「人魚姫」「ツイてるね、ノッてるね」「Witches」「Catch me」「生意気」…数えあげたらキリがないくらい。
歌がとびきりウマいってわけではないけれど、曲のクオリティーの高さプラス「私は中山美穂よ!」的なキラキラ感がまぶしくって、どれもこれも色彩豊かな名曲であったような気がする。
当時第一線で走り続けていたミポリンは、歌にドラマに大忙しであったろう。
攻撃、攻撃、また攻撃で決して守りに入らず、トップアイドルの地位を揺るぎないものにしてた。
本当にサイコーのアイドル。
『中山美穂』っていう名前もスゴイと思う(多分、本名だけど)。
決して脇役ではない名前だ。

b0093261_2354737.jpgちなみにこの『セーラー服反逆同盟』…仙道敦子が出てたりして、なかなかおもしろいドラマだった。
『スケバン刑事』の亜流作品といったところか。
仙道敦子ら3人娘(闘うときだけ、もんのすごくケバイ)が今まさに敵にとどめを刺されようとしているとき、毎回中山美穂が登場してバラの花を敵に投げつけるのだ。
バラの花びらが目つぶしとなり敵をやっつけるという、なんとも可憐な技を披露。
最後の最後でおいしいところをかっさらってゆく。
コレ、中山美穂じゃなかったらぶっとばしたくなるような役どころ。b0093261_063657.jpg

暗闇指令(長戸裕之)もびっくり
[PR]
by fonda127 | 2006-07-24 23:50 | テレビ・ドラマ(海外含む) ▲Top
<< 三角窓のある風景
しゃべる!DSお料理ナビ >>
↑Top