ジーナ・ローランズ  


b0093261_0343693.jpg

ジーナ・ローランズという女優さん、たくさん出演映画を観たわけではないけど、なぜかグッとくる。
特に『グロリア』(80年)は良かった。
くたびれた子連れの中年女がマフィア相手に闘っていくというお話。
タフでクールな『グロリア』、ギリギリの状況でもフッと微笑みを浮かべてみせる彼女には、心底圧倒される。
夫で死別したジョン・カサベテス監督の作品の中で、アネゴ肌で勝気なたくましい女を演じつつも、その内面はバランスを崩した不安定さを見事に表現していた。
[PR]
by fonda127 | 2006-07-17 00:55 | その人物の名は… ▲Top
<< バカバカしさの中にキラリと光る真実。
踏みしめる一歩。 >>
↑Top