アメリカの食文化  


b0093261_23371664.jpg

アメリカにいって楽しいことのひとつがやっぱり食べること。
アメリカンフードといえばハンバーガー、ステーキ、ホットドッグ…などなどがやっぱり多い。
でも各地をめぐってみると名物料理が登場し、わくわくする。
カリフォルニアではヘルシーなキュイジーヌ、アメリカ南部ではガンボにジャンバラヤ、シカゴのボリュームたっぷりピザに、サンフランシスコで食べたクラムチャウダーはびっくりするくらいおいしい、ニューヨークではニューヨーカーになりきってデリのテイクアウトに挑戦、テキサスではお皿からはみ出るくらい大きなステーキを食べて大満足…アメリカのバラエティーにとんだ食文化は『おいしさプラス豪快さ』、これが魅力。
アメリカ人って本気で食べることを愛する人たちなんだな~。


b0093261_0143977.jpg

あたりまえですがメニューはもちろん英語。
目がちかちかします。
最初の頃ちんぷんかんぷんで、「でぃ、でぃすわんぷりーず」とおそるおそる注文したら、肉じゃがてんこもりみたいな珍品が目の前にやってきて呆然とした記憶が…。
注文はひとつの博打のようなものなんだな、コレが。
今では少し成長し、「たまごは固ゆでにしてな」とか言ってたりします。
[PR]
by fonda127 | 2006-07-04 00:26 | アメリカ ▲Top
<< 覚めたい夢
もっと… >>
↑Top