ロメロが描く深い絶望…  


b0093261_0173561.jpg

もしも私がゾンビ映画に出るのなら、絶対にゾンビ役がいい。
襲われるのは例え映画でもイヤだ。
そして贅沢を言わせてもらえば、崇拝するジョージ・A・ロメロ監督作品がいいな

b0093261_024285.jpg

ここで少しジョージ・A・ロメロがどのようなゾンビを描いてきたか、簡単にぶしつけながら説明させていただきとうございます。
まずジョージ・A・ロメロ3部作をご紹介します。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(1968)
…デビュー作にして最終兵器の登場です。
めちゃめちゃ怖いです。
あらゆるジャンルの枠をとっぱらっても、この映画以上に怖い映画を私は知りません。
映像の残虐さは控えめなのですが、それ以上にモノクロであることが怖いのです!

ゾンビ(1978)
…こちらはディレクターズカット版とダリオ・アルジェント監修版といろいろあります。
カラーです。
巨大スーパーマーケットを舞台に繰り広げられる人間のエゴとゾンビの習性のぶつかりあい。
残虐度たっぷりでお送りしております。

死霊のえじき(1985)
…死者であるゾンビも怖いですが、生きた人間の怖さ醜さも堪能できるこの映画、ゲートが開かれてからのサバイバル感がたまらなく怖いです。
生きたまま食べられるという自然界に常にある恐怖を体験できます。
ゾンビの飼育にも初挑戦!!

以上この3部作にロメロゾンビの魅力が全部つまっています。
この時代の映画ならではの映像のざらつき感がロメロゾンビを描く上で欠かせない要素のひとつ。
あと、生きた人間を襲う理由を一切説明しない…だって理由なんてないのだから…その有無を言わさぬが観る側に伝わってきて、絶望感を味わうことができるのです。

最近ロメロがメガホンをとった『ランド・オブ・ザ・デッド』…ゾンビが一致団結して人間を襲おうとします。
ゾンビが知性や人間性、秩序を重んじるようになってはいかんのですよ。
ゾンビの緊密な世界観、終末観が失われて、絶望感を感じられない。
とても残念でした。
だがしかし!ロメロゾンビ崇拝の気持ちは変わりません。
私はロメロゾンビになりたい。

b0093261_149347.jpg

[PR]
by fonda127 | 2006-07-01 02:02 | 映画(ホラー・ゾンビ) ▲Top
<< 妄想癖 ~アメリカ生活編~
わが心のケンタッキー >>
↑Top