静かに佇むオイルヒーター  


b0093261_233088.jpgこんなじめじめとした蒸し暑い日に、暖房器具の話をしたいと思います。
公言します。私はオイルヒーター・マニアです。
もしくはオイルヒーター・フェチ。
我が家にもありますともとも!ただ電気代が跳ね上がるので、主に寝室で使っています。
オイルヒーターの利点はまず空気が汚れないこと。あとは感じる暖かさが他の暖房器具とは違い、癖になります。包み込まれるような暖かさなので、癒されるのです。
ただこのオイルヒーター、弱点もたくさんあります。
まず部屋が早く暖まらないこと。じわりじわりゆっくりゆっくり暖めるタイプの暖房なので、即効性がありません。
逆にオイルヒーターは電源を切ってもしばらく暖かいという利点もあります。なかなか冷めません。
弱点の続きですが、電気代がものすごくかかります。以前リビングでオイルヒーターを使っていたとき、ほとんどフル稼働で使っていたら、いつも電気のメーターを計りにくる人がいつもはそっと郵便受けに請求書を入れるだけなのですが、ピンポーンとチャイムを鳴らし「今月電気代がものすごいですけど、大丈夫ですか?」とわざわざ教えてくれるくらい、電気代がかかります。それ以来リビングでの使用は諦め、寝室で寝る時だけ使っています。

海外ではもっとオイルヒーターは人々の日常に根ざしていると思います。
多分日本ほど電気代が高くないのかもしれません。
映画を観てるとたくさんオイルヒーターを発見することができるので、マニアにはたまりません。
オイルヒーターのある冬の生活っていいな、と思うのですよ。ぽかぽかとした日だまりのような暖かさ…その姿、形、佇まいも大好きです。『文化』を感じます。
[PR]
by fonda127 | 2006-06-26 00:07 | 好きなコト・モノ ▲Top
<< アルフィー
おなかいっぱい…。 >>
↑Top