洋画劇場が洋画劇場らしかった頃。  


b0093261_23333083.jpg「みなさん、次週をご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。」

日曜洋画劇場
淀川長治


b0093261_23303739.jpg「あなたのハートには何が残りましたか?」

木曜洋画劇場
木村奈保子


b0093261_2336557.jpg「アイガッタ プルーフ!」
ではなく
「いやあ、映画ってホントにいいもんですね」

金曜ロードショー
マイク水野  ではなく  水野晴郎
(すみません、「シベリア超特急」の水野さんです)


テレビの洋画劇場で解説者がいる放送スタイルは今は存在していない。
この頃の時代が懐かしい。
映画を観始める前はその映画についての予備知識を得ることができたし、映画を観終わったあとはその映画の余韻を楽しむことができた。
そして番組の最後に上の決めゼリフを言って締めてくれる。
特に今、解説者の復活を希望しているわけではないが、洋画劇場ファンとしては淋しい気がする。
[PR]
by fonda127 | 2006-06-08 00:01 | 映画 ▲Top
<< 最近、気になるヒト…松居一代さん
乾いた風の、ど真ん中。 >>
↑Top