唯一無二のスーパースター…マイケル・ジャクソン  


b0093261_23552374.jpgさあ、今宵はマイケル・ジャクソンことマイコーさんですよ。
『スマ×スマ』に生のマイコーが出現!ということでテレビにかじりついて見てました。
マイコーさん、白いです。
本当に白い。
生のマイコーを目の前にスマップのみなさん、呆然としてました。
そりゃそうですよ、マイコーです。
あの、アノ、マイコーなのですから!!
ひとつ決めていることがあって、私が生のマイコーに会ったら、失神します。


b0093261_033821.jpgマイコーのDVDを押し入れから引っ張り出し、『スムース・クリミナル』のショート・フィルムを久しぶりに観ました。
そう、マイコーの場合は『ビデオ・クリップ』とは言わず『ショート・フィルム』…彼は音楽と映画の融合をミュージシャンとして見事に築きあげたパイオニアなのであります。
その『スムース・クリミナル』で有名なシーンといえば、コレ。


b0093261_012511.jpgこの『スムース・クリミナル』…マイコーが作った映画『ムーンウォーカー』の中のストーリーの一部として描かれているのですが、あまりの完成度の高さに圧巻です。
マイコーは自分の魅せ方をきちんと心得ております。
丈の長さが絶妙な白いスーツ、白い帽子、目は伏し目がちにキレのあるダンス、全体的に青い映像はマイコーの吐息まで聞こえてきそうなくらい、研ぎ澄まされています。


b0093261_0293310.jpgマイケル・ジャクソン…私は小さな頃、洋楽はわからなくてもマイケル・ジャクソンは知っていました。
彼が当時、全世界に与えた影響ははかりしれないものだったのです。
アルバム『スリラー』は売上5000万枚を超えるモンスターアルバム。
最近はマイコーの奇行ばかりが目立ってしまってとても残念。
今のマイコーのキレのあるダンスが観たい!と願わずにはいられない、そんな夜でした。ポゥゥッ!
[PR]
by fonda127 | 2006-06-06 00:53 | 音楽 ▲Top
<< 乾いた風の、ど真ん中。
死霊の盆踊り >>
↑Top