ワシントン、地下鉄事情…。  


b0093261_21123276.jpg


アメリカは車がないと旅をしにくい国ですが、大都市は交通機関が発達しているので、車がなくてもさほど困りません。
そのひとつにワシントンD.Cがあります。
ワシントンD.Cの交通機関のひとつに地下鉄があります。
このワシントンの地下鉄はとってもゴージャスです。大人の雰囲気が漂っています。

地下鉄全体の色は落ち着いた控えめなモノトーン、駅員さんの姿はなく、ホーム足元のいくつかのライトが点滅することで、電車が来ることを伝えます。
路線は、レッド・ブルー・オレンジ・イエロー・グリーンの5つあって、地下だけではなく地上を走る箇所もたくさんあります。
運賃は、距離と時間帯によるけどだいたい$1.10~3.25くらい。
私はいろんな路線に乗ってみて、終点まで行ってみたり、たくさん乗り換えをしてみました。
安全で清潔でいいな~とは思ってみたものの、さすがに終点のさびれた駅は怖かったです。

あと私にとって脅威だったのは、地上へ上がるエスカレーター。
えんえんと続くエスカレーターは恐ろしく長く、怖くて後ろを振り返ることができません。
ちょっとでも足を踏み外そうものなら、まっさかさまに落ちていきそう…。
いたたまれない不穏な空気を背中に感じながら、早く着け早く着け、と祈っておりました。
そんな私の心配をよそに地元の人々は急いでいるのか、軽快な足取りで私の横をガンガン走っていきます。
やめてくれ~、なんてことをしてくれるのだと思いながらも、ここはワシントン、世界の中枢であります。
急いでるビジネスマンがいるのはあたりまえ…。
それにしても怖い…。
見上げるのも見下ろすのも恐ろしいです。

さすが、ワシントン…。生ぬるい街ではないんです(なんのこっちゃ)。
[PR]
by fonda127 | 2006-05-22 22:44 | アメリカ ▲Top
<< ミシェル・ファイファー
バーバー >>
↑Top