ゾンビ映画に沸く、花の乙女ふたり  

先日の土曜日に普段ブログでお世話になっているkurosuiさんがうちに遊びに来てくれました!!
会うのはもう3回目(はぁと)。
うちでなにか映画を見ることに・・・。
もちろん見る映画は、
「ゾンビ」と「バタリアン(金曜ロードショー吹替版)」。
あぁ、kurosuiさんとゾンビ映画を見れるなんて、夢のようです。

「ゾンビ」は何度見ても楽しめる映画ですが、
ふたりで見ると新たな発見がいろいろ見つかるのもこれまた魅力。
タソさんフィーバーに沸いたり、サヴィーニ兄貴が使ったトランポリンをコマ送りで確認したり・・・。

そんな中、私たちはあるひとりのゾンビに釘付けになることに。

b0093261_21592041.jpg

ラスト近く、ピーターが自室にこもり拳銃自殺をしようとしてます。
そんなデリケートな心中をふみにじるかのごとく突然乱入してきたひとりのゾンビ・・・。








b0093261_21492478.gif
↑GIFで作ってみました。ずっと見てると船酔いしそうです。




このドアの開け方が「マーくん、ごはんよ!」と突然ノックもせずに部屋に乱入してくる思春期の息子を持つ母親のようで、ひぃぃぃ~~こんな緊迫したシーンなのに、笑える。
頭のアフロ具合といい、手のだらんとした伸び具合といい、かなりなツボにはまり、何度もリピートして見たりしてました。
ゾンビのアフロ率って高いですよね。この時代だからか?

kurosuiさん、このたびはありがとうございました!
もうホント、kurosuiさん、最高です。
次回は「死霊のえじき」を予定しております!


三十路を越えて、友を得るよろこび。
[PR]
by fonda127 | 2009-06-01 22:16 | 映画(ホラー・ゾンビ) ▲Top
<< 今夜は「ターミネーター」
「ダイ・ハード2」間違い探し >>
↑Top