「ダイ・ハード2」間違い探し  

ご存知の方も多いと思いますが、
「ダイ・ハード2」の重箱ツンツン、いってみよう!

b0093261_20545088.jpgテロリストに乗っ取られ、滑走路を封鎖されてしまったワシントン・ダレス国際空港。
着陸の支持を待つ飛行機が燃料を気にしながらも旋回を続けている。
でも、ワシントン・ダレス国際空港の近くには5つも空港がある。
そっちへ行けばいいのにぃ。


b0093261_2161016.jpgb0093261_2162710.jpg
警告に従わなかった報復として、イギリス発の飛行機に偽の管制情報を与えて墜落させる。
ものすごい炎上、爆破。
飛行機が1機墜落しているというのに、おだやかすぎる空港の様子。


b0093261_21113113.jpgb0093261_21114971.jpg
エスペランザ将軍の飛行機が到着。
いち早く将軍の元へ駆けつけるため滑走路のマンホールから侵入するマクレーン。
飛行機のタイヤがマンホールの上を通過。間一髪逃げ出すマクレーン。
しかし、次のシーンではタイヤの跡はマンホールから大きくそれている。



b0093261_211644100.jpgコクピットに閉じこもったマクレーンに手榴弾が次々と投げ込まれる。
マクレーンはパラシュートで脱出。
でも輸送機にはコクピットに脱出用のパラシュートはないらしい・・・。
あと手榴弾の爆発が遅い・・・。


b0093261_2122514.jpg「ダイ・ハード」シリーズの困ったちゃんリチャード・ソーンバーグ。
めざせ!ピューリッツァー賞!とばかりに今回もはりきり、空港をパニックに陥れる。
でもはりきりすぎて、受話器がさかさま。


b0093261_21244526.jpg鼻の穴の大きさでは北島三郎とどっこいどっこいグラント隊長がラスト、マクレーンと翼の上で格闘の末、タービンに巻き込まれて死亡。
でもあんな大きなおっさんが巻き込まれたら、飛行機は明らかに故障するような気もする。


「ダイ・ハード2」はダイ・ハードシリーズの中でも一番好きです。
空砲用の機関銃に水色のテープが巻いてあったり(それ以外は赤いテープ)、
「ターミネーター2」のT-1000役ロバート・パトリックがテロリスト役でほんの少し出てきたり、
テレビレポーターのサマンサ・コールマンのサラサラ金髪ヘアーとか、
ロスの事件以来仲良くなったアル・パウエル巡査部長が相変わらずケーキばっかり食べていたり、
見事脱出したテロリストたちが死ぬ間際、煙草の煙で輪っか作ってたり、
ホテルの部屋でスチュアート大佐が裸で合気道(?)してたり(見えそで見えない←何が?)、
エスペランザ将軍の存在感の薄さとか(こんなののためにテロするの?)。

何回見ても楽しめます。
「ダイ・ハード」の成功から、2作目を作るということで相当プレッシャーがあったはずなのに、見事だレニー・ハーリン!
奥さんジーナ・デイビスもそんなあんたに惚れたんだぜ・・って離婚したんだっけか。


イピカイエ
[PR]
by fonda127 | 2009-05-31 21:49 | 映画 ▲Top
<< ゾンビ映画に沸く、花の乙女ふたり
スケルトン・キー >>
↑Top